お顔のかさつき手荒れ気になりませんか?

 ほおがかさつく、すねがかゆくてたまらない、アトピーの湿疹がひどくなる、手荒れがひどくてたまらないなど...。毎年寒くなるとそんな症状に困っている方多いと思います。実は、寒くなると空気が乾燥して肌の表面の水分が失われ、このような症状が起こるのです。さらに乾燥が続くと湿疹などができたり、小じわの原因にもなるのです。皮膚の保湿を保っているのは次の3つの成分があります。

    1. 皮脂という油で、これが毛穴から出て肌の上に皮脂膜という層をつくって肌を守ります。
    2. 角質細胞間脂質というもので主成分はセラミドといいます。これが、角質細胞の隙間に層上に並んで水分の蒸発やアレルゲンなどの侵入を防いでいます。
    3. 角質細胞自体に水分を保持させる効果を持つ天然保湿因子(NMF)というもので、アミノ酸や尿素からなるこの成分が、角質細胞自体にうるおいをあたえ、しっとりした肌を保つ働きがあります。

 すなわち、これら3つの成分が十分に働けば、アレルゲンや刺激の侵入を防ぐバリア機能が高まるため水分を保つ力も高まるのですが、これらの成分が洗いすぎや体質、老化などによって減ってしまうとかさつきや肌荒れの原因になるのです。加えて、アルミサッシで密封された室内で暖房器具を使用したり、電気毛布や電気カーペットを使ったりといった生活も肌の乾燥をいっそう進ませています。

冬のスキンケアの基本はこれらの必要な成分を補ってあげることが大切なのですが、毎日の生活の中で気を配ることも大切です。暖房器具を使うときは、ときどき窓を開けて空気を入れ替えたり、加湿器などを使って乾燥しすぎないように注意しましよう。また、洗い物をするときはかならず手袋をし、お風呂に入るときも熱いお湯で長湯をしたり、タオルでゴシゴシこするような洗い方はやめましょう。そして入浴後はあまり時間を置かずに保湿剤を塗るようにしましよう。

 当院では,これらの治療をおこなうとともに,高濃度ビタミンCクリーム,ロ−ション,ジェルのほか、自家調整の保湿クリームや化粧水などを用いメディカルコスメをおこなっております。お顔のかさつきや手荒れでお悩みの方、当院へご相談下さい。



風邪をひいたら

 冬も本番。風邪の季節になりました。みなさん風邪をひいていませんか?風邪よりももっと怖いのがインフルエンザです。インフルエンザは、たちの悪い風邪と考えていただければ良いと思います。インフルエンザの予防はワクチンが一番ですが、ワクチンをお受けにならなかった方は一般的な風邪の予防法である、うがい、栄養、保温に気をつけて下さい。もしインフルエンザにかかったかなと思ったら早めに当院へご相談下さい。病初期であれば、ウイルスの増殖を抑える薬を使うこともでますのでご相談下さい。

 風邪の治療はあくまでも対症療法であることに注意して下さい。風邪が治るには自分のからだがウイルスに対する抗体をつくってくれるのを待たなければなりません。抗生物質が風邪に効くというのは大きな間違いです。
抗生物質はウイルスに対しては無力ですから風邪には全く効きません。ただし、黄色い痰がでるなど、細菌感染が加わったときには抗生物質を使うことにより、少し回復が早くなります。しかしその場合には、抗生物質の副作用が問題になることも知っておいて下さい。また、よく発熱を過度に気にされる患者さまがいらっしゃいます。

風邪の時の発熱は、からだの中でウイルスに対する抗体を作っているときに起こります。解熱剤を使用して熱を下げた場合、抗体産出能が落ちると言われていまず。むしろ、熱が出ているときの方が免疫力が高まり、体内に侵入したウイルスや細菌を殺すことができるのです。したがって、熱が出てつらいとき以外には解熱剤の使用は避けたほうがいいでししょう。

風邪にかかったかなと思ったら、おいしいものでも食べてよく寝ることです。風邪に似た病気もありますので、いつもと感じが違うなと思われましたら、ご相談下さい。

陥入爪とは?

 陥入爪(かんにゆうそう)とは、つめの縁が皮膚に食い込んで痛み、赤くはれ上がったり化膿したりする病気です。

ほとんどは足の親指に起こることが多く、その原因としては生まれつきの爪の形の異常のほかに、不適当な靴による圧迫、足の指の不衛生、深爪、外傷や手術などによる抜爪などが考えられます。実際にはいろいろな原因が重なって起こることが多いようです。症状の程度も痛みだけのものから、化膿した状態が続くもの、爪の先が巻き込んだようになったいわゆる「巻き爪」までさまざまです。

 さて、治療の方法ですが、症状が軽い場合は、深爪をしないようにし、爪の先の白い部分が見える部分まで伸ばすこと、足の指を圧迫するような爪先の細い靴、小さい靴などを履かないようにすること、最低1日に1回は足を石鹸で洗い、清潔に保つことです。炎症を起こしていて、少々の痛みがあってもよく洗って下さい。それでも良くならない場合や、症状が強い場合、再発をくり返すようであれば、手術(保険適応)が必要となります。

 正しい手術はまず指の根元に麻酔の注射をし指の根元をゴムのようなもので縛り、血が出ないようにしてから食い込んでいる部分の爪だけを抜き、露出した爪母(爪がつくられるところ)を完全に取り除きます。

こういった手術を行なえば再発することはありませんが、陥入爪の場合、手術と称して爪だけを抜いてしまうようなあやまった治療をうけ、かえって悪化したケースが非常に多いので注意して下さい。手術時間は約10分。術後はあて板をし、サンダルを履いて帰ることができます。術後10日から14日で糸を抜きます。

当院では陥入爪から巻き爪にいたるまで爪の変形の治療をおこなっております。お気軽にご相談下さい


更年期障害よさようなら!

 平均寿命も伸び、女性は閉経後30年以上もの人生がまっています。

人生の黄昏と後ろ向きにとらえては、もったいないと思いませんか?
子育てが終わり避妊の心配もなくなって、これからは家族のためだけでなく、自分自身のために生きることができるのです。更年期障害は、ひとによって、あらわれかたや感じかたは違いますが、女性は45〜55歳くらいの間に多かれ少なかれ更年期症状を感じているのではないでしようか?更年期の女性が多く訴える症状には、顔のほてり、発汗、動悸、不眠などがあります。
これらの症状は、女性ホルモン(特にエストロゲン)の分泌が低下したために起こる自律神経失調の状態です。また、女性ホルモンが少なくなると、尿がもれたり、肌の潤いがなくなったり、骨粗鬆症や動脈硬化の原因となる高コレステロール血症も発症しやすくなります。

これらの予防や改善には、減少した女性ホルモンを補充してあげることがいちばん理にかなった治療法なのです。

しかし、欧米ではごく一般的に行われていますが、日本では拒絶反応を示す方も少なくありません。それは以前にホルモン補充療法を行なうと子宮ガンになりやすいとか言われていたためですが、現在はホルモン療法をおこなっても全体のガンになる確率は多くならないのが現状です。ましてや子宮内膜癌(子宮体癌)は上がるどころか治療をうけていない方に比べて3分の1に減少すると言われています。また治療中は定期的に乳房検診、子宮がん検診、血液検査などをおこなうので定期検診にもなります。

更年期の諸症状に悩まれている方、自分が更年期以後の長い年月を、快適に過ごすにはどうしたらいいのか、真剣に考えてみましよう。そして、夕焼け空が朝焼けに負けないくらい美しいように、閉経後の人生を夕焼けのように華やかで明るいものにしましよう。

さようなら!ニキビ・吹き出物

 鏡を見るたび、ついため息が出てしまうニキビ・吹き出物。特に女性のかたは、生理前に気になりませんか?その多くは毛穴の詰まりが原因と言われています。ニキビの第一段階はコメドといわれる状態ですが、これは角質が厚くなり毛穴の入り口が詰まり、毛穴に皮脂がたまった状態をいいます。その結果、皮脂を好むアクネ菌という細菌が皮脂をエサに増殖し、赤い炎症性のニキビになるといわれています。

 よく医者に行ってもニキビは治らないと聞くことがあります。それは、日本のニキビ治療は、先ほど述べた炎症性のニキビへの対症療法が主体でコメドの状態からの対策がなされていないため、赤くはれている炎症性のニキビや吹き出物が直っても、後からまた出てきてきりがないのです。

実は、一般に日本で治療に使われている薬は、欧米では20年ほど前に使われていたくすりが主体で効果はあまり高くありません。

現在最先端の治療は、ビタミンA誘導体のレチノイン酸やグリコール酸を用い、角質を薄くしビタインC誘導体で赤みをおさえ、跡を 残さず直す方法です。

レチノイン酸やグリコール酸はコメドの原因である厚い角質をなくすピーリング成分で、特にレチノイン酸は皮脂を抑えたり、表皮の増殖を早めてニキビの跡をつくらないなどの作用があります。またビタミンCは、炎症を長引かせる活性酸素を抑え、色素沈着を防いでニキビの赤みやくぼみをを消したり、皮脂を減らし毛穴を締める作用があります。

この2剤を併用することによって、ニキビや吹き出物は劇的に改善します。当院では、これらの治療薬を自家調整して治療に取り入れております。なにを飲んでも塗っても治らなかったニキビや吹き出物で悩んでいるあなた!当院へご相談下さい。

もっと詳しくは、こちら!