医療法人社団 ルチア会 みやざき眼科

みやざき眼科 もくじ

トップ

診療のご案内

アクセス

院長紹介

対応できる疾患

検査について

リンク

初めての方へ
<問診票作成>

医療法人社団ルチア会
みやざき眼科
〒136-0076
東京都江東区
南砂2-6-3
サンライズ東陽2F
TEL 03-5665-1230

対応できる疾患3(飛蚊症)

飛蚊症

目の前を蚊(のようなもの)が飛んでいるように見えることを飛蚊症といいます。

症状
黒いゴミや糸くず、ゼリー状のようなものが目の前に見えて、目の動きとともに浮遊物のように揺れ動いて付いてきます。ひとつだったり複数だったりします。

原因
眼球内の硝子体といわれるゼリー状の物体の中に何らかの原因で”濁り”が生じ、明るいところを見たときにその影が網膜に映って飛蚊症として認識します。(原因として老化・硝子体剥離・網膜剥離・網膜裂孔・眼底出血・硝子体出血・ぶどう膜炎など)

治療
生理的なもの(老化や強度近視等)の場合は、多少気になりますが慣れれば問題ありません。急激に浮遊物が増えたり大きくなった場合は、網膜剥離や網膜裂孔などの可能性があります。網膜裂孔などはレーザー治療により外来で対処が可能です。網膜裂孔は進行すると網膜剥離になる場合もあります。この場合は、入院での手術が伴いますので施設のある病院で治療を行います。早期治療が非常に大切なので、気になった場合はすぐに眼科を受診しましょう