ご案内

このページは、Nゲージ鉄道模型の名鉄電車を紹介するページです


■ News

・MP3サウンドデコーダV5スイッチングレギュレータ版 頒布開始しました。(10/21)

・MP3サウンドデコーダ  応用編にアクセサリデコーダ版のスケッチを掲載(9/17)
  ポイントを切り替えるスイッチコマンドでMP3を鳴らす機能のスケッチを追加しました。
  駅や自動制御でのサウンドにお使いください。 
 

・MP3サウンドでコーダ  応用編 を追加(09/15)
   DCCのページ「49.MP3サウンドデコーダ(応用編)

・SmileDecoderR6n 掲載しました(09/15)
   DCCのページ「48.SmileDecoderR6n


作業中の車輌たち

   ・6800系 (1次車)
   
本当は6000系と同じタイミングでデビューする予定でしたが運転室後ろの窓
     の取り付け後の仕上げに失敗し、作業がやり直しになってしまいました。(;_;)


   ・3500系 3100系連結化対応
      
3100系の新造に併せ阪急キットから作成した3500系の足回りを3100系に合わせる工事を実施 
    
阪急のキットでは、3100系用のユニットや床板が少し広いため加工が必要です。

   ・6500系 更新工事中
      ちょこっとだけ進めています。(2015/10/01)
      自作の正面マスクをくり貫き、GMの6500のパーツに
      あわせるべく補修工事中。窓下のかさ上げとオデコの整形中です。
      デビューまでにまだ加工する部分が多くあり、時間かかりそう。      
       
      メーカーのパーツを付けただけですが
      正面が引き締まります。

■ 管理人の小言(10/21 Update)

   MP3サウンドデコーダV5 スイッチングレギュレータ版は頒布開始しました。

   SmileDecoder R6nは少し改良中です。
   先行して詳細をDCCのページで公開しましたが一部記載が変更になる予定です

   MP3V4は在庫がなくなってしまいましたが、V5の基板を使ってV4.5としてリリースしています。
   旧版(LOD版)のV5も在庫はあります。よろしければ、頒布のページからお申し込みください。

   今回応用編としてMP3サウンドデコーダV5の基板で、ポイントなどのアクセサリコマンドで鳴らすことできる
   スケッチを追加しています。駅などの案内放送にどうぞ。(安価なMP3サウンドデコーダV4.5をお勧めします)

■特集のページ

・<金属>800系(AL車)を作ろう 800系の製作過程 を紹介しています。
・<金属>パノラマスーパーを作ろう  1000系・1200系の製作過程 を紹介しています。 
・<金属>モ750を作ろう      モ750の製作過程を紹介しています。

・<プラ>5500系を作ろう     5500系の製作過程を紹介しています。

■DCCページ

2017/09/15
・MP3サウンドでコーダ  応用編
   DCCのページ「49.MP3サウンドデコーダ(応用編)

・SmileDecoderR6n 
   DCCのページ「48.SmileDecoderR6n


・MP3サウンドでコーダV5

   記事追加 46.MP3サウンドデコーダV5
   スイッチングレギュレータ版を追加しました。

2017/08/27
    31.サーボモータを使用したポイント駆動(改良編)31.サーボモータを使用したポイント駆動(改良編)
       基板再生産に伴い、基板頒布再開
2017/08/05
   記事新規追加 47.DCC館さんのデコーダテスタを使ってみました


・NMRA DCC Manufacturer ID 取得 No.108


■ リンク

   Desktop Station  (リンク2)
   桂庵へようこそ  (リンク2)
   DCC(デジタル・コマンド・コントロール)館  (リンク2)
   レイリズム (リンク2)

■その他

・お願い
 このページは1024*768で作成して有ります。
 もし、文字が折り返して読みにくい場合は、ブラウザのフォントサイズ゙を、”小”にしてご覧ください。