日本美術刀剣保存協会 東京都支部


平成30年度研究鑑賞定例会スケジュール
  開 催 日 時  会 場
第1回  4月21日(土)   東京美術倶楽部
第2回 7月28日(土) 東京美術倶楽部
第3回 9月29日(土) 東京美術倶楽部
第4回 1月26日(土)13時~ 東京美術倶楽部


◆平成三十年度 第一回鑑賞研究会◆
平成30年4月21日(土)
東京美術倶楽部 
◆内容◆ 
刀剣   「短刀」 岩田 隆 講師
刀装具 「後藤家 初代~十代」 葉山 修陽 講師
一本入札鑑定 
参考刀鑑賞 支部役員出品



   第一回定例観賞会報告           東京都支部 藤野 工


4月21日土曜日、東京美術倶楽部にて東京都支部定例観賞会を行いました。

当日は晴天に恵まれ、58名の会員の方々が参加されました。

小道具は、後藤家初代から十代の目貫、小柄、笄が一堂に会し、
それらと共に貴重な折り紙も展示され圧巻でした。

小道具の解説は、葉山修陽先生からして頂きました。
打刀が登場してからの後藤家250年の解説、
折り紙と裏彫りのことなども解説していただきました。

刀剣の解説は、岩田隆先生からして頂きました。
観賞刀は35振の短刀が並び、粟田口国吉の健全な短刀をはじめ、秦長義のような
珍しい短刀など、五か伝、古刀期から新々刀期までの短刀作者の名品が一堂に並び、
短刀を勉強をする上でこの上ない機会でした。
作柄の違い、姿の違いなど一目瞭然。

鑑定刀は1号長光、2号兼房、3号一平安代、4号虎徹、5号南紀重国。
天位 藤野工、
地位 中村和人
人位 藤代龍哉、坂田龍一、宮野貞司、高橋孝、渕江錦治(敬称略)


次回は7月28日、東京美術倶楽部にて開催いたします。

刀装具
葉山 修陽 講師
刀装具
   
 短刀  刀剣: 短刀
岩田 隆 講師

過去の活動に関してはこちら
Copyright (C) 日本美術刀剣保存協会 東京都支部 All Rights Reserved.
design テンプレート