日本美術刀剣保存協会 東京都支部


平成30年度研究鑑賞定例会スケジュール
  開 催 日 時  会 場
第1回  4月21日(土)   東京美術倶楽部
第2回 7月28日(土) 東京美術倶楽部
第3回 9月29日(土) 東京美術倶楽部
第4回 1月26日(土)13時~ 東京美術倶楽部


◆平成三十年度 第三回鑑賞研究会◆
平成30年9月29日(土)
東京美術倶楽部 
◆内容◆ 
「昭和天皇即位の装束を拝見・鑑賞」 有職文化研究所 仙石宗久 講師
 来派の名工 鑑賞 
京都国立博物館 特別展 「京のかたな」にちなんで


◆平成三十年度 第二回鑑賞研究会◆
平成30年7月28日(土)
東京美術倶楽部 
◆内容◆ 
刀剣   「鎌倉時代から幕末迄の小太刀と脇差について」 岩田 隆 講師
刀装具 「信家について」 池田 長正 講師
一本入札鑑定 
参考刀鑑賞 支部役員出品



  
第二回定例観賞会報告           東京都支部 坂田龍一

 
 
7月28日土曜日、東京美術倶楽部にて東京都支部定例観賞会が行われました。

当日は台風の予報にも関わらず、当支部会員の方だけでなく、
他支部の会員の方も参加していただき、活気のある会となりました。


小道具は、信家の鐔が12点展示されました。

素晴らしい地鉄の風合や独特の雰囲気をもった名品が並び、
滅多にない機会に参加者の方も食い入るように鑑賞されていました。


小道具の解説は、池田長正先生からして頂きました。

信家の見どころや特徴など、大変興味深い解説をしていただきました。

刀剣の解説は、岩田隆先生からして頂きました。

観賞刀は「小太刀と脇指について」をテーマに、
貞宗、二字国俊、畠田守家、之定、相州綱広などの名品が21振並びました。

時代や刀工の特徴を細かく解説していただき、大変勉強になりました。


鑑定刀は

一号刀  薩州住正清

     享保四年 中春日

二号刀  大慶直胤

     於東都神田作之

三号刀  国光(新藤五)

四号刀  包俊(末手掻)

五号刀  主馬首一平安代

天位 会田攻

地位 池永順一、緒方嘉隆、花枝昇一、葉山修葉、堀込晋、冥賀亮典

人位 多数の為省略

台風による天候悪化に配慮し午後三時三十分に終了となりましたが、
多くの名
品が並び、大変活気のある会でした。


次回は929日、東京美術倶楽部にて開催いたします。



刀装具: 信家について
池田 長正 講師
刀剣: 小太刀と脇差について
岩田 隆 講師

過去の活動に関してはこちら
Copyright (C) 日本美術刀剣保存協会 東京都支部 All Rights Reserved.
design テンプレート