ヨネックスマトリクス
 ヨネックッス社のラケットカタログには2000年よりプレースタイル別のラケット選択表が掲載されています。  縦軸(Y軸)に「スマッシュ主体の攻撃型」−「レシーブ主体の守備型」をとり、横軸(X軸)に「シングルスを主体とするプレーヤー」−「ダブルスを主体とするプレーヤー」をとっています。
 つまり ヨネックス社が生産・販売するラケットはこの2次元上のどこかにプロットされるわけで、右上なら「スマッシュ主体の攻撃型」かつ「シングルスを主体とするプレーヤー」に向いたラケットだというわけです。
 X軸、Y軸の物理的な意味についての解説等はカタログには記載されていませんが、Y軸についてはラケットのフレームおよびシャフトのフレックス(硬さ)を示しているものと考えられます。上に行くほど硬く、下に行くほど柔らかいというわけです。カタログ中の「打球感」および「適性張力最大値」とほぼ一致しています。
 ではX軸はなにを基準にしているのかといえば、はっきりしません。ラケットのバランスかとも考えられますが、かならずしもそうなっていないようです。またバランスがY=X のような斜め軸になっているわけでもありません。  いずれにせよヨネックス社が「売りたいプレーヤー」の表であることには違いありません。ラケットBBSでも何度か質問が出ていますので、著作権法に違反しない程度に2000年からの選択表を掲載しておきます。表はカタログからスキャナで取り込んだものを加工してあります。









2004年モデル

2004年海外モデル




2003.5.10
2003.8.04追加

ラケット・ストリングスのメニューに戻る