artist photo

畑 儀文 [Yoshifumi Hata]|テノール

大阪音楽大学大学院修了。

小林道夫の伴奏による初リサイタルを行う。以後ソリストとして、ペータ・ダム(ホルン)との共演、イエルク・デームス(ピアノ)との数多くのリサイタルなど大きな成果を集めた。

1991年オランダ、アムステルダムで高名なバロック歌手マックス・ファン・エグモントのもとで研鑽を積む。以後オランダ各地で毎年受難週には、エヴァンゲリストとして招かれ、ドイツ、オーストリア等、ヨーロッパ各地におけるリサイタルでも反響を呼んでいる。

1993〜99年3月にかけシューベルト歌曲全曲演奏を成し遂げ、国内外で話題を集めた。近年日本コロンビアからCDデビューし「日本のうた」「シクラメンのかほり〜新しい日本のうた」、シューベルト歌曲集「美しき水車屋の娘」等を次々リリースし、その天性の歌声はジャンルを問わず心に響く感動を呼び、注目を集めている。

「大阪文化祭本賞」「咲くやこの花賞」「大阪府民劇場奨励賞」「坂井時忠音楽賞」「兵庫県芸術奨励賞」等多数の賞を受賞。

日本テレマン協会ソリスト、テレマン室内合唱団指揮者、シューベルティアーデ・ジャパン代表。丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば総合プロデューサー。

 
会社概要お問い合わせサイトマップ
このページの先頭へ