【00年春山合宿】

日光(大真名子山、奥白根山)、東北(月山、鳥海山)
月日:2000年5月2日〜5月6日

参加者:土岐博也、市川陸雄、高橋和哉、高橋卓道、内野克美、小野悦郎、府川宏、
橋本栄司+ご家族、佐宗謙一、早川健司

5月2日(火)

(府、早)横浜==鹿沼IC==日光光徳
(和、内、卓、小、佐)小田原==鹿沼IC==日光光徳

 2日22:00、5人が小田原を出発。当初、先に東北へ行く予定が、悪天候のため、順序を入れ換え日光へ。
 計ったように外環上で横浜組2人と合流、携帯で連絡をとりつつ渋滞を見事回避する。
 が、鹿沼ICから道分からず彷徨、雷雨遭遇、小屋前の雪道車で登れずなど、様々なドラマあり、波乱含みのスタート。
 AM3:20光徳小屋着。満天の星、銀河が美しい。

5月3日(水)曇りのち雷雨

(和、小、府、佐、早)光徳== 志津峠(P)--大真名子山--
--志津峠(P)==光徳

 本日、雨で沈殿の予定が、予報外の晴れ、行動を起こすことに。8:30光徳小屋出発。

 女峰山登山のため志津峠に上がるも、雲行きが怪しく、急遽、距離の短い大真名子山往復に変更。9:00峠発。
 この山、男体山と女峰山夫妻の長女とのことであるが、とんだじゃじゃ馬娘、樹林帯の急登に、一部クラスト一部腐った雪に、一同苦しめられる。
 最後は岩場を抜け、約2時間ほどで山頂(2375m)に到着。


↑今回府川さんのデジカメが活躍(背景は男体山)

出発前、志津峠にて(背景が大真名子山)

峠のお地蔵さんに安全登山(それとも商売繁盛?)を
祈願する小野会長

樹林帯の急登をあえぎつつ登る↑
(先頭の人はとうもろこし売りのおじさんではありません)

大真名子山頂より白根山を望む

 隣の女峰山方面では雷鳴が響いている。白根山を背景に記念撮影後、休憩もそこそこに、峠へ戻る道を急ぐ。

 12:20無事下山、いわくつき?の峠のお地蔵さんに感謝(99年春山合宿報告参照)。車で光徳小屋へ戻る。しばらくすると霰混じりの激しい雷雨。大真名子山行きに変更した高橋和の判断に感心。

 昼食後、橋本、家族とともに到着。とたんに小屋が賑やかに。市川さんの下品な子守振りに、2人のお子さんの将来が心配になる。
 夕食は天ぷらと豚汁改め牛汁(佐宗、自宅の冷蔵庫に豚肉・エビを置き忘れました。すみません)に橋本さん特製のお好み焼きが加わり、豪華。ちょっとカロリーオーバー気味。

 その夜は、西鉄バスジャック事件の行方が気になり寝不足。

5月4日(木)曇り

光徳==菅沼(P)--弥陀ヶ池--菅沼(P)==光徳

光徳==湯元==光徳沼==光徳小屋

(和、内、佐、早)光徳==清滝IC==宇都宮IC==寒河江IC==月山スキー場(P)
(卓、小、府)光徳==清滝IC==宇都宮IC==横浜・小田原

 本日は橋本一家は雪遊び、他は奥白根山へ。車2台で金精峠を越え、菅沼登山口へ到着。例年になく雪が多い。

 8:00発。樹林帯の中の夏道でなく、雪の沢を直登する。見栄と良心、体力と相談しつつ、トップを交替してラッセル、他のパーティも追い抜かずに後ろを付いてくる。

←出発前、光徳小屋前で (市川、佐宗、高橋和、府川、内野、早川、高橋卓、小野 撮影は橋本)

 9:40、弥陀ヶ池着。一面ガスり、見えるはずの白根山頂も霧の中。
 全員白根山には登頂経験済み、眺望のない山に登っても仕方ないと意見が一致し、ここから引き返すことに。後を付いてきた夫婦、突然頼る相手を失くし、ボー然としていたのが可笑しい。

本日の行動は弥陀ヶ池までで、おしまい→

 内野、早川、奇声を上げながら、尻セードで雪の斜面を滑り下りる。佐宗、落石の上に尻で乗り上げ、尾てい骨打撲、余りの痛さに飛び上がる。

 あっと言う間に菅沼着。雪も降り初め、早々に小屋へ戻る。

 昼食は府川さん特製パスタ。食後、高橋卓、府川、佐宗、早川で湯元の温泉「日光グランドホテル」へ。既に酔っ払いの早川、大騒ぎ。露天風呂が気持ちいい。これで\1,500は高い?安い?
 帰りは光徳沼に立ち寄る。光徳牧場ソフトクリームのデザートも。


湯元の露天風呂にて、あやしい関係の2人

 夕食は焼き肉。早川、食事時間以外は眠り呆け、約7時間の昼寝?
 市川おっさんも久々に酔い、舌好調、高橋和、内野と掛け合い漫才。


光徳沼で散策する卓道さん うららかな午後である

 今夜中に、高橋和、内野、佐宗、早川4名は東北へ出発、他3名は帰宅する。各々22:00発。

5月5日(金)雨のち曇り

(和、内、佐、早)月山スキー場(P)--姥ヶ岳--(P)

==月山志津温泉==酒田==矢島==鳥海山祓川登山口(P)

 AM3:00月山スキー場着。昨年3日間かけ結局山頂にたどり着かなかった早川、撮影に燃える内野、ピークハンターの佐宗、泰然とした高橋和と、各人胸を明日の月山への期待で膨らませつつ、(P)にて仮眠。
 目が覚めると小雨。なかなか降り止まず、出発準備の踏ん切りがつかない。8:00ようやく、準備開始。8:30出発


←小雨の中、重い腰を上げ、月山に向け出発。
(高橋和、内野、早川 撮影佐宗)

 リフトで高度100m稼ぎ、そこからゲレンデを登って姥ヶ岳へ。そこから月山までは稜線歩きだが、ホワイトアウト、道を見失う。

 視界効かず、意気消沈、結局引き返すことに。高橋和、早川、短い滑走を楽しむ。

ホワイトアウトにより2日連続撤退。姥ヶ岳で→

 翌日の天候も期待できず、「もう帰ろうか」という意見も出る。
 が、とりあえず、近場の月山志津温泉へ。
「かしわや」のきれいな風呂とフロントの女性に一同の機嫌やや持ち直す。

 ここで昼食。TVの天気予報で明日の午前は晴れるとのこと、一縷の望みを託し、鳥海山へ向かうことに。

 酒田経由、鳥海山麓の矢島へ。買出し後、祓川登山口へ登る。

 ようやくガスが切れ、真っ白なコニーデ、鳥海山が姿を現す。巨匠写真家・内野、カップルに「写るんです」のシャッターを頼まれ不満顔。

 (P)に幕営。テント内の雰囲気に心も和む。夕陽と雲海が美しく、翌日の天気が期待できる。
夕食は肉豆腐チゲ、うどん。

←優雅な姿を見せる鳥海山


夕陽に輝く雲海

明日の晴れを約束してくれる夕陽

5月6日(土)晴れのち曇り

(和、内、佐、早)祓川(P)--鳥海山・七高山--祓川(P)==
矢島==横手==横手IC==大井松田IC==小田原


雪の斜面を爽快に登る

AM4:30起床、ご来光遥拝後、ラーメンの朝食を済ませ、テント撤収、6:30出発。
 昨年のように紺碧とは言えないが、久し振りの青空に心躍る。山腹から振り返ると、日本海と男鹿半島までの海岸線が美しい。写真家・内野せんせいもお仕事に忙しい。


「最高ですかーーっ?」「イェーイ!!」→


 
↑最高の展望台にて一本

 9:50七高山到着。やはり山頂も雪が多く、昨年なかった雪庇が火口に向かって張り出している。
 ここでビールで乾杯。今回の合宿中、最高の味。「この3時間だけでも東北に来た甲斐があった。」

 簡単な昼食後、2手に別れ下山。高橋和、早川は豪快なダウンヒルを楽しむ。あっという間に点になる2人を追い、内野、佐宗キックステップで駆け下りる。和、早10:30、内、佐11:30(P)着。


↑七高山にて早川、高橋和、佐宗、内野

豪快なダウンヒルを楽しむ早川↑

巨匠ウンチーノ先生のお仕事振り→

 横手に向かい出発。車道の両脇に並んだフキノトウの作るグリーンのラインがきれい。改めて鳥海を振り返り、規模の大きさに感動。

 独り別れて角館で撮影する、いや中尊寺で、盛岡で...と揺れていた内野せんせいも、鳥海山と矢島部落の桜の撮影で十分満足したらしく、結局4人揃って小田原に帰ることに。

 途中の林道で山菜採り、約1時間でビニール袋いっぱいのコゴミを獲得。いいお土産に。

 横手駅前温泉で入浴、食事、18:00出発。東北道、首都高ともに気持ち悪いほど車が少なく、一度も渋滞につかまることなく、0:30小田原着。

 不安定な天候に左右され、いつにも増してのドタバタ山行だったが、最後は最高の形で締めくくることが出来た。
                (記録:佐宗)