【00年冬 日光散策】

日光
月日:2000年1月22日〜23日
参加者:市川陸雄、高橋和哉、小野悦郎、佐宗謙一

1月22日(土)晴れ

小田原==松田==清滝IC==日光光徳--光徳沼--戦場ヶ原--光徳


 4:40小田原発、凍結したイロハ坂を登って日光光徳へ。光徳沼付近で市川さんが写真撮影をしつつ、出迎えてくれる。
 光徳牧場から小屋へ向かうも、佐宗のセフィーロは力弱く、雪道登れず。駐車場に置き、市川さん運転のゆっくり4WDで小屋へ。9:00着。
 高橋さん、小野さん、佐宗は昼食後、スキーを着け、戦場ヶ原まで散策に。

光徳クロカンコースで高橋和哉、市川、小野


 小野さんのビンディング不調、止むなく小屋へ独り帰還。
 高橋さん、佐宗は光徳沼へ。ここからの沼越しの男体山は美しくて良い。
 樹林帯を抜け戦場ヶ原へ。木道沿いに赤沼へ向かう。スキーヤー等もかなり多い。中心部では太郎、真名子、女峰、男体山が一望でき、雄大そのもの。15時近くなり寒くなったところで、雪原を縦断、車道へ出る。

光徳沼と男体山→

広大な雪の戦場ヶ原を縦断する↓→


 スキーを担いでの車道歩きは結構長くつらかった。小屋に戻ると小野さんが、小屋脇に専用スキーゲレンデを開拓中であった。
 夜は、学習院大OBの高野さんも交え、おでんパーティ。酒も入り、日本の将来について激論する。

高野さん(左)を交え、談笑。

1月23日(日)晴れのち雪

光徳--三ツ岳中腹見晴台--光徳==小田原


 本日は裏山の三ッ岳へ。高野さんよりスノーシューズの講習を受け、市川、高橋、小野の3名は早速、シューズを装着し登高開始。佐宗のみスキーにシールを着け後を追う。スノーシューズの機動性に感心。

←スノーシューズで軽快に登る

 鹿やウサギの足跡を観察しつつ、楽しく歩き、2時間ほどで三ッ岳頂上直下の見晴らし台に到着。ここからの男体山は台形で立派。
 しばしの休憩の後、下山。佐宗スキー板を着けて転がり下りる。
 小屋での昼食中、雪が強く降り出す。早々に退散を決定、不満げな市川さんを残し、小田原への帰途につく。
 静かで楽しい小さな山行であった。

(記録:佐宗)