【02年春山合宿/後半戦】

会津〜尾瀬(会津駒ヶ岳、燧ヶ岳)、日光(戦場ヶ原)
月日:2002年5月2日〜5月6日

参加者:(市川陸雄)、高橋和哉、山口要之助、高橋卓道、内野克美、小野悦郎、府川宏、田代久、佐宗謙一

5月2日(木)

小田原==横浜==鹿沼IC==鬼怒川==田嶋==桧枝岐==会津駒登山口(P)


会津駒登山口にて、スタートは立派な木の階段から
(小野、田代、高橋和、内野、山口、府川)


 20:30頃、南足柄発、車2台にて東北道へ。

 文豪内野先生は日頃の執筆活動のお疲れが貯まったのか、腰痛でコルセット装着の身で登場、「それでよく山に行くよな」と一同その根性を褒貶半々。
 また、高橋和哉さんは前半の内蔵助合宿から連続参加だが、その間に丹沢日帰り登山もこなしたとのこと。いつものことながらタフさには呆れる。

 渋滞のため鹿沼ICより一般道へ。ややデータの古いカーナビに振り回されつつ、桧枝岐にAM3:30頃到着。
 当初は尾瀬御池まで行き、翌日燧ヶ岳登頂の予定だったが、運転手佐宗眠気に勝てず、またガス欠の心配もあり(高速降りた後、深夜営業のGSなし)、ここで泊まり会津駒を先にすることを要望。結局、予定変更していただく。

5月3日(金)晴れ

登山口(P)--水場--稜線--会津駒ヶ岳()--登山口==桧枝岐温泉(泊)


 車中で仮眠後、6時起床。朝食後、支度をし、立派な木の階段より登山開始。30分ほどは赤土の急登、やがて雪道となる。1時間ほどでキリンテへ向かう登山道と合流。振り返ると日光の山々や尾瀬・燧ヶ岳が見える。

 一本立てた地点で府川さんがキジ撃ちのため薮の中に消える。が、みな冷たく、戻るのを待たずに出発。あせった府川さん、雪で冷やしたビールをその場に置き忘れる。


↑稜線に到着、とりあえず一本

 

明日登る予定の尾瀬・燧ヶ岳を望む→


 トレースもしっかりついており、50代の和哉さん、山口さんをはじめ一同快調に飛ばす。樹林帯を抜けると右手に会津駒山頂へと続く稜線が見えてくる。青空を背景に真っ白いラインが美しい。

 2つなだらかなピークを越えた先が山頂。ここで府川さん、トップに立ち、「どっちが早いか競争しよう」と、右側の斜面をトラバースして手前のピークを迂回するルートをとる作戦に出る。
 が、皆そちらが楽そうと見て、後を付いていき、競争にはならなかった。

 
樹林帯を抜けると山頂まで視界が開ける

右奥の会津駒山頂まで続くなだらかな稜線 ここはショートカット
作戦で

内野巨匠、余裕の?ピース(背景には日光の山々が)


 最後の雪の斜面を息せききって登ると、山頂に到着。
 ここからは奥只見の平ヶ岳や越後三山なども見渡せる。

 山頂では春スキーヤーなど20人ほどが景色を楽しんだりしながら晴れ晴れとした顔をして休んでいる。日本百名山でもあるし、歩行時間も登山口よりちょうど3時間程度で雪山としても手頃、この人気もうなづける。

 やや遅れて内野巨匠と田代さんも到着。 風を避けて針葉樹の陰で昼食。記念撮影後下山。
←山頂にて(府川、田代、山口、高橋、佐宗、内野)
 
 (写真提供:田代久さん) 

 下りはバラバラに下る。みな快調に下るが特に府川さん、和哉さんのペースが速く、後から佐宗が走って下るも、まったく追い付けず。
府川さん曰く「休憩場所に置いてきたビールが気になって....。」
 そのビール、二本置いてきたうち、誰かに一本持っていかれ、あとの一本は残してあったとか。
半分残して持っていった奴をどう評価していいか、判断に苦しむところ。
 とにかく残して置いていただいた貴重な一本をみなで分け合って飲む。

 約1時間半で登山口へ到着。日光での天ぷら用にフキノトウを摘んで、桧枝岐へ。


↑貴重なビールをごっくん


 今晩は桧枝岐の民宿『かどや』に宿泊。荷物を置き、割引券をもらい温泉施設『燧の湯』へ。
 桧枝岐名物裁ちソバの昼食後、数人で買い出しに。後の方々はゴロ寝。
 夕方19:00頃、渋滞の中、十数時間を一人で運転してきた高橋卓道さんが合流。労をねぎらいつつ夕食に。山人料理を肴に宴会となる。

 夕食後、ある者はもうひとつの温泉施設『駒の湯』へお出掛け、ある者は部屋で飲み直しと、めいめい時間を過ごすも、明日の行動もあるので、早々に就寝。

←川魚、裁ちソバ、山菜など中心の山人料理に舌鼓
 (写真提供:田代久さん)

5月4日(土)曇りのち雨

(和、山、卓、小、府、佐)桧枝岐==御池(P)--燧ヶ岳手前ピーク--(P)御池==桧枝岐==田嶋==川俣温泉==日光光徳

 本日は尾瀬・御池より燧ケ岳登頂の予定。内野巨匠は腰痛のためキャンセル、田代助手を従えての、桧枝岐の新緑風景と滝めぐりの撮影行に変更。

 残りの6人は車で御池へ。雲行きが怪しく、今後の天候が心配。
 しばらく歩き湿原の広沢田代へ到着。ここから斜面に取り付くのだが、ルートが不明。とりあえず、樹林帯をラッセルしていく。雪山の装備もない素人たちが後ろから付いてくるので不安になる。(しばらくして急斜面であきらめて引き返したようだ)

 


御池から燧(中央右奥のピーク)を目指す

 

久々に山行に参加した卓道さん 
ちょっと息が荒い?→

 30分ほどは樹林帯の急坂でのラッセルを強いられる。その後急勾配の雪の斜面に出る。キックステップがサクサク入って心地よい。振り返ると昨日登った会津駒が見下ろせる。

 小さなピークを登りきったあたりで、一本。燧のピーク爼グラがはっきりと見える。そこまであと1時間程か。他のルートを登ってきたスキーヤーなどとも合流する。

 しばらくすると雨が降りだした。また、稜線で風も出てきたため、レインウェアを出す。
 「帰ろうか」の和哉さんの声に、「いや、絶対登頂したいです」等の反対の声を挙げる者もなく、こうなると転身の早い我がOB会、とっとと御池に駆け下りる。

 内野巨匠一行とも桧枝岐で合流、買い出しをしながら日光へと向かう。

 日光光徳の学習院大・光徳小屋に着。市川さんと久しぶりの対面。


燧手前のピークで(高橋和、小野、府川 佐宗)

5月5日(日)雨のち曇り

(田、佐)戦場ケ原、小田代ヶ原散策
(和、山、内、小、府、田)日光==横浜・小田原
(卓、佐)==峠めぐりの旅==群馬==長野==山梨==小田原

 早朝、雨が上がったのを確認し、田代、佐宗の二人は戦場ケ原、小田代ヶ原散策。貴婦人の白樺前で日の出を待ち写真撮影。途中、また雨に降られ、光徳へ急ぎ戻る。

 朝食後、帰途へ。卓道さんと佐宗は峠めぐりのドライブをして帰ることに。結局、金精峠、十石峠、ぶどう峠、馬越峠、信州峠、御坂峠、足柄峠と栃木から群馬、長野、山梨を経由する大遠征となった。

 今回も多人数が参加し、尾瀬や会津、日光の雪山や新緑の中で戯れ、麓の温泉に名物料理を楽しむ、本当に贅沢な山行であった。

(記録:佐宗)


『戦場ケ原に架かる虹』