【02年冬 富士山散策】

富士山
月日:2002年3月2日
参加者:高橋和哉、小野悦郎、佐宗謙一

2月4日(土)曇りのち晴れ

小田原==松田==御殿場==御殿場口3合目(P)--5合5勺次郎坊小屋(2,200m)付近--3合目(P)==帰路


 AM7:00小田原発。いつものメンバーが揃う。和哉さん、小野さんは3年連続、佐宗は2年ぶりの冬富士山散策となる。8:00御殿場口、太郎坊の駐車場に到着、8:20スタート。 

 ガスがかかり、辺りは薄暗い。昨日までの雨の影響か、雪がかなり緩んでいる。
 30分ほどの車道歩きの後、新5合目の駐車場に到着。そこを通過して、雪の斜面に取り掛かる。さらにしばらく歩くと、突然ウソのようにガスが切れ、目の前に青空と白く輝く富士の姿が広がった。
←相変わらずタフな高橋和哉さん

↑宝永山に向かって直登。5合目から上は、すっきりとした青空。

←↑広大な雪のスロープを直登す
(背景は二ッ塚)

 雪の状態はやはり柔らかく、所々でひざ下まで潜る。
 それでも、1800m付近あたりから、やっと雪質が締まってくる。キックステップも軽やかに、心地よく高度を稼ぐことができた。振り返ると、寄生火山の二ッ塚、さらに雲に包まれた愛鷹山が見える。
 しかし、すぐそこに見える宝永山との距離が歩いても歩いても、なかなか縮まらない。富士山のスケールの大きさを再認識する。


←↑5合5勺(2200m)付近にて

 AM11:50、5合5勺の次郎坊小屋に到着。今回は時間切れ、ここまでとする。持参のビールを回し飲み、昼食。


和哉さんの滑降↑

小野さんの滑降↑

 20分ほどの休憩の後、下降を開始。和哉さん、小野さんはスキーで、前回、スキーに懲りた佐宗はツボ足で。
 滑り出しは順調。しかし、下の方は気温が上がって、さらに雪質が悪化し、所々、水が溜まっているほど。佐宗は何度か、足を突っ込み、靴の中に大量の水が侵入。スキーの二人も大分苦労されているご様子。
 PM1:00過ぎにガスの中に突入。辺りはホワイトアウトに。路を見失わないよう、踏み跡を拾いながら、慎重に下降、PM1:40、太郎坊の駐車場に着。


雲湧き出づる処↑

ホワイトアウトの世界へ突入↑

 家からほんの1時間で、これだけのスケールの大きな雪山で遊べるのだから、本当にありがたいと一同感謝しつつ、帰途へ着いた。

 因みに、帰宅後、久振りに体を動かした佐宗が、疲れてコタツでうたた寝してる頃、和哉さんはそのまま出掛けて、テニスをしていたとのこと。
御年59歳、まったくタフですねえ....。

 (写真記録:佐宗)