【我が心の内蔵助平(くらのすけだいら)】

 我が小田高山岳部OB会のホームグランドであり、聖地でもある黒部立山の内蔵助平。
ここで行われた春山合宿の一こまを紹介します。


丸山と内蔵助平(黒部別山付近より)

わが家でくつろぐ

「雪と岩の殿堂」劔岳(2998m)

劔と対照的な「白い乙女」仙人山(2211m)

仙人山山頂へ続く白い稜線

仙人山にてアルプス的な「裏劔」をバックに

珍しくまじめに立山をめざす

珍しく全員で記念撮影、立山・富士の折立付近にて
(佐宗、加藤和彦、飯塚、橋本、志澤昌彦、土岐)

※以上、昭和60(1985)年5月の春山合宿より
※撮影者 加藤和彦(高19回)、飯塚精一(高26回)


三瓶さん、府川宏(高24)、佐藤裕(高35)、橋本(高30)、佐宗(高37)、加藤和彦(高19)、土岐(高7)
合宿最終日だろうか、全員かなり日焼し、顔がむくんでる

※以上、昭和62(1987)年4月の春山合宿より
※撮影者は巨匠ウンチーノこと内野克美氏(高19回)