●主食・・・・・・皮付きの混合餌  
          (むき餌でもいいのですが鳥達にとってむいて食べる楽しみが無くなり、胚芽
           の部分がないため、栄養の面でも劣ります(><)
●副食・・・・・・主食とは別の入れ物に入れましょう。
          *塩土→ミネラル補給
          *青菜→キャベツ、レタス、小松菜、タンポポ、ハコベ
          *果実→りんご、バナナ、みかん、ぶどうなど
          *ボレー粉、カトルボーン(いかの甲)→カルシュウム補給
          *その他→ゆで卵の黄味、味がつかない白魚
<注意>餌の配合は鳥によって少し違います。脂肪分の多い種子は与えないようにしましょう。
     

 餌をいれるのを忘れた。
・水が汚れっぱなし。
・餌以外の食べ物を与える。
・手のりでにがしてしまう。
・脂肪過多にしてしまう。
・青葉のくさったものはあげない。
・炎天下、日光浴させたり、冬寒風の吹きっぱなしで
 カゼをこじらせる。
・味のついたものは食べさせないこと。
・水あびはお湯ではやらないこと。羽毛の脂肪をとか
 し、水がしみやすくなります。
 1餌の減り方、散らし方に注意
 2飲み水の減り方が激しいとき
 3鳥かごの底をよく観察する(糞、尿、食べ物のカス、羽毛の抜け毛)
 4鳥かごの中と周囲に変ったことや危険物がないか見る
 5鳥の観察ポイント
   ・羽根と羽毛の色、つや、位置の状態
   ・目の健康状態
   ・くちばしの色とつやの状態
   ・脚と排泄肛、全身の状態
   ・呼吸や泣き声の状態
 
病院案内
診療日記
診療案内
アルバム
スタッフ

とりさんのぺーじ

*病気の早期発見*

*注意すること*