クラッチスレーブシリンダーOH 2004.Nov 83,500km


忘れかけていた部品が出てきた・・・

今年の春にマスタシリンダー側のピストン交換は終わらせたけど、スレーブ側は部品を仕入れたきり忘れかけていたまま。

世間はカレンダー通りなのになぜか4連休の自分は、子供も学校に行っちゃったし、天気はイイし絶好のイジリ日和。  たっぷりと時間を掛けて楽しめそうな予感・・

シリンダーを外すときはブリーダー口からフルードを抜き取ってから外すと良い。そうしなかった自分は結構大変な目に遭いました。

後でわかった事だけど、コケシの頭のような先端がクラッチアームを押すのだが、この接点のグリスが切れると例の「ギィィィー」っていう異音が出るようである。 今回シリコングリスをテンコ盛りにしたら全くの無音になりました。



バラバラ洗浄後の部品達。 ゴムのジャバラはそろそろ寿命の気配ぷんぷんですが未入手のため

今回は見送り。

左はくたびれた使用済み。コーティングも摩耗して無くなりかけてる。 右は新品、シールはそれぞれ別品番の物で組み込み済みマスター側のピストンとは異なる。

このゴムシールをピストンにはめ込むのがまた手こずった。 ラバーグリスを塗って結構な力で合体させますが、向きを間違えると二度と外せそうもないので要注意。

【2004.11.27】
部品情報をメモし忘れた。

46937-SD4-003 / ブーツ スレーブシリンダー / ¥165
今回交換してないけどくたびれているので要交換。

46932-SD4-003 / ピストン スレーブシリンダー / ¥450

46933-SD4-013 / カップA ピストン / ¥105

46934-SD4-003 / カップB ピストン / ¥105

ピストンの先端側の図。ここも先ほどのコケシ頭の反対側が接触するのでグリスをたっぷり。

スレーブシリンダーはセルモーターの手前。(今は付いてない)

黒いレバーにお椀状の凹みがあり、そこにさっきのコケシが頭突きを食らわす。

レバーは円弧軌道、コケシは直線軌道なので当然摩擦が生じて12年間聞き慣れた「ギィィィー」っときしみ音を発する。なるほどこれだったか!原因は。

たっぷりグリスを塗って組み付けてフルードを注入。

前回も同じだがクラッチの反発が戻ってくるのに100回以上踏んでんじゃねーかな?

っていっても我流なんで。 何か効率の良い方法ご存知の方、伝授していただけませんか?

最終的に300回(マジか?)くらい踏んでエアー抜きを終えた。グリスのおかげでクラッチを踏んでもリターンスプリングがキリキリ鳴るくらいでエンジンルームは無音に近い。思わず感動!

動作フィーリングがかなり良くなって大満足の一日であったぁ。

Home