アフロブラジル、ロック、哀愁・・・
この火口から、こんなにも!!!
ペルナンブーコにもひけをとらないエネルギーと多様さ。
さすが!

(芳垣安洋/打楽器奏者:ROVO,Orquesta Nudge! Nudge!,etc)




聴こえてくる「音」が、「曲」が素直に面白い!!
発想や感覚、気持ちが素直にくすぐられて楽しい♪
アレっぽいよねとか、○○音楽勉強シマシタとかではなく、
pikaiaダケの独自の「音・楽」が素直に出来ていて、
でも、コレって凄い事だなって思った!

(KTa★Brasil/打楽器奏者、DJ)


ピカがイアっとヒカル
これナニイロかと僕は知りたいと思う
深く軽く飛ぶ
ピカイアとまざる

(不破大輔/ベーシスト、作曲家、ダンドリスト:渋さ知らズ)


東京に発芽した、しなやかで熱い”ヨソモノ”の音楽!
うめき、語り、歌い、口説き、すすり泣き、呪文を唱える住人達の仁義に、
何やら胸騒ぎがするのは、きっと愛おしいからでしょう・・・

(おおたか静流/シンガー、ボイスアーティスト)


ppsはパワフルだ!
ppsは楽しい!
ppsはもの哀しい!
ppsはずるい!
ppsはカッコ良過ぎる!
ppsは五感をフルに刺激する究極のグループ!
Parabens!!!

(長岡敬二郎/パンデイロ奏者)


いつも彼らのliveを聞くたびに感じるのは、
何か分からないが狂気に近いものだ。
この新しいCDを聞いても、
男くささと哀しみが混じった独特な音にだまされてしまったが、
やはり狂気はあった。

(claudia/青山プラッサオンゼ店主)