pikaia pandeiro special

公式HPはこちらへ

ブラジリアンパーカッションの可能性を追求すべく、
'05.3月結成。
ペルナンブーコやバイーアなど北東部の
アフロブラジル音楽を中心に、
サンバ、ショーロ、ボサノヴァはもちろん、
ジャズ〜ファンク〜ロックまでをも取り込み、
しかもオリジナリティで勝負する超骨太ユニット。
現在は、日本のブラジル音楽シーンの草分け・
青山プラッサオンゼを中心に活動を展開中。
目指せ世界制覇!!


小澤の全力パンデイロ、
渡辺の泣きのラッパ、
パーカッションのうねるグルーヴ&ゴリゴリロック、
時にガットが/時にエレキが縦横無尽に駆けるギター、
そして優れたメロディライン。
ppsの売りは多彩にして奥深いのだ。



渡辺 隆雄  trumpet,flugelhorn,pandeiro,surdo,vo

自己のユニット<山開き><渡辺隆雄4><Flama silenciosa>の他、
忌野清志郎 & The Nice Middle with New Blue Day Horns、
山田晃士(vo)<流浪の朝謡>、藤井郷子(p)オーケストラ、アケタ(p)オーケストラ、清水くるみ(p)ZEKオーケストラ等、
クセモノ揃いのユニットの中で個性を光らせている。
その他には<オリジナルラヴ>のツアーサポート('94〜'97)や、
様々なレコーディングにも参加。
ジャズ〜ロック〜ワールドミュージックまでを股にかけて活躍する注目のトランペッター。


小澤 敏也  pandeiro,berimbau,timbal,maracaxeta,vo

 
ブラジル音楽を母体に、
独自の音楽をアグレッシブに表現する造形派パ−カッショニスト。
常に全力でプレイする姿は見るものを圧倒する。
パンデイロは、独自の奏法を編み出したマルコス・スザーノ氏に師事し、
同氏より高い評価をうけている。
さまざまなジャンルのアーティスト(増田恵子、露崎春女、オリジナルラヴ、
高野寛、本田竹広など)とのライブパフォーマンス、レコーディングを展開。
パンデイロ教室を主催し、新たなパンデイロアンサンブルも追求している。
現在、劇団四季のミュージカル<ライオンキング>にも出演中。



豪華サポート陣♪

助川太郎 guitar(ガット)

ジャズ・ブラジル・即興の分野を中心に活動するギタリスト。
バークリー音大を奨学生として卒業後、NYで活動開始。
'03年帰国後はヴォーカル&ギターのボサノヴァユニット<メヲコラソン>としてメジャーデビュー。現在までに3枚のアルバムを発表し、都内でのライヴ活動、国内ツアー、ラジオ番組パーソナリティー等の活動を続けている。
'08年には吉祥寺音楽祭グランプリを受賞。
また、個人名義では'08年、ショーロをテーマにしたソロアルバム『Noturno』を発表。現代的なブラジリアン奏法とエフェクターを併用した斬新な演奏スタイルで好評を博している。
その他、J-POP系(かの香織、キマグレン、コーザノストラ)、ブラジル系(Saigenji、安井源之新)、ジャズ系(渋谷毅、スガダイロー、さがゆき)等の、ツアーサポートやレコーディングでも活躍中である。

阿部浩二 guitar(7弦ガット)

12歳から独学でクラシック・ギターを始める。
早稲田大学の名門サークル『ラテンアメリカ協会』で音楽に浸り、
在学中よりプロ活動を開始する。
サンバ、 ボサノヴァ、ショーロなど、ブラジル音楽をホームグラウンドに活動しているが、時にタンゴやラテンの領域にも手を染めている。
日本のパゴージバンドの草分け『バランサ』の中心メンバー。
トリンダージ、イッソメズモなどでもレギュラーを勤める。
その他にも、クレモンティーヌ/相田翔子/比屋定篤子/小松亮太/AKIKOなどのライヴサポート、レコーディングでは、南佳孝/遊佐未森/toyono/山本のりこ/小松亮太/中島ノブユキ/中川英二郎/柏木広樹/masayo/大澤誉志幸/beretなどのCDに参加している。
日本ではまだ少ない7弦ギターのパイオニア的存在である。



山田 "やーそ"裕 guitar(7弦ガット)

低音に1弦多い7弦ガットギターを駆使したブラジリアン・スタイルのギタリスト。大阪在住。
サンバ・ショーロのみならず、様々な音楽を7弦ギターで表現するそのスタイルは唯一無二で、ライヴ活動はもちろん、CD制作やTV挿入曲から音源制作などのスタジオワークでも活躍している。
'03年/'07年にはブラジルへ渡り、マウリシオ・カヒーリョ (7Gt)とジョアン・リラ(Gt)に師事し、現地ミュージ シャンらとのセッションやライブを重ねた。
現在では、海外からの来日ミュージシャンのサポートも務める。


臼井康浩 guitar(エレキ)

フォークに始まり、ロックにも傾倒。その後、即興演奏に触れ衝撃を受ける。
現在は、自己のユニット sedgeの他、藤井郷子オーケストラ名古屋、渋さ知らズ、OKIDOKI、原田依幸オーケストラ、ヒロヒロシ、ロックバンドMAJIKA〜NAHARU、元花電車のKeiとのユニット Flyline、泉邦宏バンド等に参加。国内外のトップミュージシャンとのライヴを年間100本前後行っている。2009年大友良英を中心にアジアの様々なアーティストを紹介したイベント「アジアン・ミーティング・フェスティバル」をプロデュースし話題を集めた。
また、名古屋の名門ライヴハウスTOKUZOのメインPAも務める。

岡部洋一 percussion

早稲田大学中南米音楽研究会所属中より活動開始。
ブラジリアンレストランでしばらく演奏したのち、いきなりおニャン子クラブの全国ツアーに参加。その後アイドル歌手のバックを多数つとめる。
それとともに、ジャズ系、ロック系のライブが増え、
また来日ブラジル人ミュージシャンとの共演も数多い。
またアバンギャルドな音楽も得意とする。
現在、トランスロックバンド『ROVO』、『ボンデージ・フルーツ』、
鬼才・芳垣安洋率いるパーカッション軍団『Orquesta Nudge Nudge』、
16人編成ロックバンド『ザ・スリル』のメンバーでもある。
主な共演アーティストは、バーデン・パウエル、大貫妙子、ショーロ・クラブ、向井繁春、小野リサ、村田陽一、溝口肇、中西俊博、井上鑑、epo、酒井俊、城戸夕果、ホッピー神山、角松敏生、etc、枚挙に暇なし。
音楽性の広さと追随を許さない圧倒的なスピード感で打楽器界に君臨する、
日本が世界に誇るパーカッションの怪人。

渡辺 亮 percussion

武蔵野美術大学卒業。
EPO、鈴木重子、スーザン・オズボーン、アガルタ、ボサ・ド・マーゴなど
数多くのアーティストとのコラボレーション、レコーディングに参加。
サウンド・デザインとして汐留「日テレ大時計」、NHK・TV番組の効果音なども担当。
また、いわき芸術文化交流館アリオス、佐渡「鼓童」アースセレブレーション、横浜教育センター、地球市民かながわプラザ、浜松こども館など、
各地でパーカッションのワークショップを行っている。
青山「こどもの城」講師、東京学芸大学非常勤講師。
ソロ・アルバムとして「ウォレス・ライン」「モルフォ」
著書に「レッツ・プレイ・サンバ」(音楽之友社)がある。
自己の活動として「妖怪探訪」と「南方幻想」を主催。

BIC percussion

幼少期からクラシックピアノを習い、早稲田大学在学中には名門サークル『ラテンアメリカ協会』に所属。ブラジルのパーカッションに傾倒していく。以後、サンバ、ボサノバ、ショーロなど様々なブラジル音楽のライヴに参加。'01年、日本のパゴージバンドの草分け『バランサ』にパンデイロ奏者として加入。ブラジルでも活動を展開する。
'06年に自身のバンド『Hands of Creation』を結成。
アルバムリリースと同時に、数多くのライヴ活動をしながら、
FUJI ROCK/朝霧JAM/SUMMER SONICなど大型フェスにも出演する。
現在はJ-POP系の『キマグレン』での活動を中心にしながら、
独自のスタイルで、ライヴ/レコーディング/舞台公演などで活動している。


BACK