囲碁 2-1

 

東京女子大学 学園祭 囲碁100面打ち

 

 平成11年、東京女子大学の学園祭において「囲碁100面打ち」 を実施しました。

 この「100面打ち」とは、私の「囲碁の授業」で碁を習っている学生約100 人が、外来者と碁を打つという企画です。「林メソッド」という入門方法の成果を披 露する機会にもなっています。

 学生はほとんどが4月から始めたばかりで、実質4ヶ月くらいしか碁を習っ ていない初心者です。それくらいしか習っていない者が、どの程度打てるようになっ ているかを体験していただくというのが、企画の趣旨です。

 

 一昨年は、初めてにしては多くの参加者があり、近くにお住まいの大竹英雄九段や菅野昌志五段、尚美三段ご夫妻も参加してくださり、大盛況でした。構内のいろいろな会場のうち、一番賑わったと評判になりました。

 写真はそのときの様子です。

 

   

 

 昨年は都合で休みましたが、今年はまた実施することが決定しましたので 、皆さまふるってご参加下さい。

 以下に詳細を記します。

 

期日 平成13年11月11日(日) 午後 1 時から 3 時まで

会場 図書館前広場の北側の学生ホール1Fの小食堂

    ( 正門から見て西北の奥 )

会場内禁煙です。

12時より会場前にて整理券を配ります。

要領 すべて13路盤で打ちます。

   一局40分で交代していただきます。

 終わったら(または30分経ったら)、検討・講評をしていただきます。(学生の棋力は、説明すれば分かる、という程度になっていますので、手直しなどをお願いします。)

 全部で 3 ラウンド、約300人の方に打っていただくことができます。

 

 他に囲碁部員と囲碁部卒業生がお相手するコーナーも設けます。こちらは初段から6段で、19路盤で対局します。腕に覚えのある人は挑戦してみて下さい。