こども支援チェルク News Letter No2 (2013年12月)

陸前高田市でカリタスジャパン支援による第一回の活動を行いました。1027―1030日
1.社会福祉士による活動:1028日、29
  <訪問先>
     陸前高田市スクールソーシャルワーカー 近江雅喜さん(社福)愛育会       
     特別養護老人施設高寿園
     
     障害者就労継続施設「あすなろホーム」
 
     岩手県立気仙光陵特別視線学校

     慈愛学園ディサーブスセンター

     陸前高田市障害児通所療育施設ふれあい教室
  <印象>

    高齢者や障害者施設でも当会の専門支援の説明を行うとともに、他のニーズも確認した。
    高齢者施設では、今年1年で30人のスタッフが入れ替わった。
    前年は震災直後から職員の入れ替わりが多く、支援力が下がっている。
    これは、高齢者施設だけでなく、障害者施設も児童関係も同様である。
    津波そのものの犠牲者もいるが、その後の生活環境の変化で土地を離れる人も多く、専門職の流動も多く見られる。
    その事により支援力の低下が生じているようである。さらに表に出ていないニーズを探っていく必要を感じた。

2.言語聴覚士によるふれあい教室での活動  1028日・29()30()3日間 
     親子活動に参加(1時間半×2回)
   親子活動に参加した保護者との懇談3名。発達に関する質問に答える。
   今回で数回目の親御さんなので、変化に関しても一緒に喜び合った。
   お母さんの悩みは、被災した影響で遊び場がないこと。できるだけふれあい教室にきて子供たちが思いっきり遊ばせるようにしたいと
   語っていた。

     観察された情報をもとに、職員とケーススタディーを行う。また、保護者によっては生活上の大変さもあり家族支援のポイントについ
  ても話し合った。

  さらに集団活動のプログラム、教材とその配置の配慮点、子供へのかかわり方の助言を行った。(2時間×2回)
     個別指導の観察(2ケース):観察を通した発達のアセスメント。および、職員への指導プログラム とかかわり方の配慮について助言。
  (観察30×2.助言1時間)

     言語・コミュニケーション発達のアセスメント(1ケース)ビデオに録画し、職員がアセスメント方法について学べるようにした。(45)
     言語・コミュニケーション発達のアセスメント法について職員研修(2時間)
     保護者相談:30分:お子さんの子育ての悩み。仮設住居での生活についての苦労。子供がなかなか寝ない。少しの音でも起きてしまう。
・ 
面談後、職員と家族支援の検討(1時間)
     保護者懇談会:5名の保護者の参加 2時間 「おちゃっこ」(お茶を飲みながら四方山話をする会で、この地域の文化)
  子供の言葉の出方の遅さについての苦労話し。皆さん共感できるところがあって、「そうそう」と明るくうなずきながらの話し。
  一番盛り上がったのは、「遊び場」がなくなったこと。先日、公園に行ったが誰もいなかった。以前、高田松原にいくと、誰かが遊んでいた。
  いつの間にか知り合いになれた。親も安心して見守ることができたし、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に行くことができた。
  今は、保育園や学校以外の場所で、子供たちがキャーキャー言いながら遊ぶ場を見ることが少なくなった。
  住田町(高田中心から車で山間部に向かって30分の町。被災にはあっていない)に最近遊び場できたとのこと。
  でも、ちょっと遠いなぁとのこと。ふれあい教室で春になったら遠足を企画してみようという話になった。
  また、復興支援の事業で「有識者」たちにこの現状を理解してもらったら、大人も子供も楽しめる場があると良い。
  たとえば、アスレチックなど作ってもらえるかなぁ・・と、  夢を語っていた。
  職員たちの様子を聞くと、生活と仕事におわれ、自分の健康のために運動をすることがなくなったと・・・。
  「ヨガをやってみたいなぁ。でも、ヨガ教室は陸前高田にはないなぁ・・」とある職員がつぶやいていた。
  2年半たってからやっと出てきた呟きかと、心がつまる思いがした。
  行くたびに少しずつみなさんの呟きを聞ける機会が増えてくる。
  「支援はもう終わった」という人がいるが、どういう意味だろうかと改めて思う。

3.今後の予定
  1)岩手県立気仙光陵特別支援学校より依頼がありました。
    2015年1月14日午後職員研修「子供たちの心の育ちを支えるコミュニケーションを考える」
    派遣:言語聴覚士(松本美代子)
  2)5月末から6月上旬 音楽ムーブの活動の実施を予定。
  3)7月ごろ、感覚統合についての研修機会が開催できるか検討中。