2009年 8月〜9月 → Back 海外情報ーSaya-Netへ
親子グループ:紙粘土製作
(触覚を育てる活動)
壁の本たてを見てください!子ども達にとって手に届き、また絵が良く見えるのです。 手作り本棚です。
触覚を育てる活動:お米を色染めした後に、台紙にのりをぬります。その上に、色々な色のお米をのせると素敵な作品が出来あがります。
子ども達の作品が掲示されています。 皆さんが寄付してくださった本
「おおきなかぶ」子ども達の人気のストーリーだそうです。
読み終わった後に、ひとりずつ出てきてひっぱりっこ。ドラマごっこ。リーダーのSri(スリ)先生は、3月の絵本ワークショップに参加しました。
Gatra Pelangiはとても小さな障害児のための幼稚園・学校です。園長のSri先生はとても熱心。狭い場所でも工夫しています。右側の机は手作り。ここでは、子どもの実態に合った活動を提供していました。子ども達がとても明るくて、一日いても飽きませんでした。午前中は親子グループ。午後は、地域の学校に行っている子ども達が主に個別の指導、音楽・ダンスセラピーなどを受けにやってきます。ここの学校はこれからも援助していきたいなぁと感じました。
オランダ人が創立した、バリ島ウブドのSjaki-Tari-Us。最近小さな食堂を敷地内に開きました。知的障害がある青年達の働く場になっています。言葉が不十分でも、このメニューシステムがあれば立派にウエイトレス、ウエイターが出来ます。外国人の私たちも外国語を話さなくても、このシステムで食べたい物、飲みたい物を欲しい数オーダーすることができます。いわゆる、ユニバーサルデザインのメニューです。素晴らしい!