睡眠中の不思議体験



 
ここでは、睡眠中に起こった不思議体験に
ついて書いていきます・・・



今から13年くらい前のこと。
「霊性を高める21日間の行」というのをやっていました。
そんなことを始めて7日目の夜のこと。睡眠中に、突然魂が抜けて、米国のグランドキャニオンのような
ところを飛んでいる体験がありました。幽体離脱していたみたいで、その時の意識は起きている時と
同じしっかりしたもので、とても鮮明です。でも、肉体がありません。身軽になった私は、その壮大な
大渓谷の上を飛びながら、感動していました。その大渓谷へ行く途中の道や近くの風景なども
はっきりと見えました。途中、野鳥の森のようなところもあったようで、野鳥が一羽飛んでいる姿も
見えました。心は雄大な自然の中で、ものすごく気持ちがよかった。
米国には、何度かホームスティをしにいったことがありますが、グランドキャニオンのようなところは
行ったことがないので、その風景や地名は正確にはわかりらなかったので、後日、本屋調べたら
確かに、グランドキャニオンと同じ風景でした。
なんで、そんなところに行ったのかなぁ、、とずっと不思議に思っていました。

13年後、先日、なにげなく、ホームページで米国のセドナということこを調べていました。
セドナは、ニューエイジ系の人にはとても有名な、地球のパワースポットと呼ばれるとても地球の
パワーの高いところです。セドナツアーも日本からも随分行われています。
先日、セドナ関連のホームページを検索していると、あるページにとても見覚えのある地図が載って
いました。見覚えがあるといっても、私はセドナには行ったことがないので、初めてみるものですが、
突然、記憶がよみがえってきました。13年前、「霊性を高める21日間の行」を行っていた時の7日目に
睡眠中に突然、飛んでいったあのグランドキャニオン!あの大渓谷に行く道のカーブや雰囲気、
そのものがよみがえってきました。「あ、ここだ!」と直感しました。
あの時、なぜ突然米国のグランドキャニオンに行ったのか、もちろんそこが米国かどうかなど、標識も
地図もない突然の風景にわかるはずもないのですが、その時幽体だけになっていた私の魂は、
そこが米国のグランドキャニオンであることは全てわかっていました。

グランドキャニオンもセドナもコロラド州の河の近くで同じ一帯の大渓谷。
13年前、魂が突然行ったのは、地球のパワースポットである「セドナ」だったことを突然、13年後の今、
知りました。気づいた時は、びっくりして感動で胸が震える思いがしました。
魂は、ちゃんと波動の高いところを知っていて、修行をしている時に、その地へパワーを充電する
ために行ったようです。自分の意識ではコントロールできないところに存在する、不思議な英知を感じました。



2月16日、睡眠中にまた不思議な体験がありました・・・。

寝ているときに、頭と背中からすーーと自分の意識が斜め後ろに飛んでいって、
部屋の壁を突き抜けて・・。
あ、久しぶりに幽体離脱かな?と思ってどんどん意識体のカラダが飛んでいくのを
感じていたのですが、いつものように場の景色が見えないのです。
以前は、熱海の夜の海とか、米国の大渓谷とか大空とか宇宙とか、はっきりとその場の雄大な
中を飛んでいたのですが、、見えるものはただただ、真っ白な色の世界で、、、。
そうだ、だれだれのところに会いに行ってみようかな、と意識を向けてみても、やっぱり
まわりは真っ白な世界のままで、、。
その時は、何の不安も恐怖もなく、ただただ、飛んでいく自分の見えない体に身をまかせていました。
ただ、このまま行ったままになってしまうと困るなぁと思ったとたん、幽体のカラダは、すーっと
寝ている自分の部屋に戻ってきて、また頭から背中の方へ入っていきました。

白い色は、第7チャクラを意味する紫または白という一番高い波長を意味する色でもあるのですが、、
何か、スピリチュアルな高次元の世界からのメッセージだったのかなぁ、、?という気もしています。
不思議なできごとでした・・・。



6月15日、16日 「波動の法則」を読んでいた日の夜・・・

テレパシー能力が開発するようもっと脳幹が開かないかなぁ、と思っていた時のことでした。
15日の朝、目覚めの瞬間、亡き母が母の声で、右脳の先あたりに私の名前を呼んで、そのあとある言葉を
メッセージとして送ってきました。それがなにを意味するものかは、私だけがわかる言葉でした。
続いて16日の朝は、目覚めの瞬間、脳の中一帯が紫色でおおわれている映像がハッキリ見えました。
紫は第7チャクラの色で、宇宙エネルギーとも交流できる部分です。前日の母の声に続いて、自分の意識に
見えざる世界からのメッセージがサポートとして届いていることをしっかりと感じました。
14日の夜から、足立育朗氏の「波動の法則」を買って読んでいたのですが、ちょうど2晩で読み終わり、
読み終わったとき、その本には、あるプログラムが組み込まれていたことを知りました。
15日と16日の朝、目覚めの瞬間に聴こえた声や、見えた映像の色も、そのプログラムが機能していたせいで
あったことを自覚しました。


睡眠中には、色々なことが起こります。
すでに他界している母からのメッセージを頂くこともあります。
霊と同調してしまうこともあります。(霊への対処のしかたなどもちゃんとあります)
魂が幽体離脱して、宇宙のパワーを充電しにいくこともあります。
断片的ですが、少しずつ書いていきたいと思います。


 戻る