政策
POLICY

行財政改革 子育て支援 高齢者福祉 介護予防
悠友館
高齢者福祉
小林周三の高齢者問題の取り組み(理念と現状)

私小林周三はプロフィールにもあるように吉見百穴にある特別養護老人ホームに開設当初から関わらしていただいたお陰で福祉にいち早くその目を向ける事が出来ました。それが吉見町の高齢者・介護予防の問題にも生きている確信もし、自負もしております。

 吉見町の高齢者の数は年々急速に増加しております。その分町の医療費負担は増し、すでに町政を圧迫しつつあります。その費用を増やさない事は、町の健全財政の要であると当選当初から考え、そのための策を町に進言してきました。

 私の健全財政の根幹は『削るより増やさない!』です。これをこの問題に置き換えるといかにお年寄りに元気でいただくかに行き着きました。つまり健康増進。そのために私はすでに問題に取り組んでいる先進自治体を視察、そこから得た知識ををもとに健康増進施設の建設を町に提案しました。

 それが採用され、建設されたのが『悠友館』です。お年寄りにこの施設を提供する事により、肉体的に元気でいただくとともに、ふれあいを通して精神的には憩いを生み出していただく事を推進したのです。

 町が活性化する、それが健全財政に繋がる、まさに一石二鳥の高齢者問題解決への策でありました。『悠友館』のオープンからすでに6年余り、着実にそれは現実のものとなっています。





                        



特養 常磐苑
本文へスキップ

TEL. 0493-54-2254

〒355-0155  吉見町北吉見2488-14