戻る

メニューに戻る

世界史基本問題の内容の一覧

1.オリエントと地中海世界
人類の進化  農耕・牧畜の開始  古代オリエント世界  メソポタミアの統一  エジプトの統一国家  東地中海世界の諸民族  古代オリエントの統一  パルティアとササン朝  イラン文明  エーゲ文明  ポリスの成立と発展  民主政への歩み  ペルシア戦争  ヘレニズム時代  ギリシア文化とヘレニズム文化  ローマ共和政  地中海征服  内乱の1世紀  ローマ帝国  3世紀の危機  西ローマ帝国の滅亡  キリスト教の成立  キリスト教の展開  ローマ文化

2.アジア・アメリカの古代文明
インド文明の形成  インド社会と宗教  統一国家の成立  大乗仏教の成立  グプタ朝とヴァルダナ朝  南インドとインド洋交易  東南アジア世界の形成  東南アジア世界の展開  中国文明の誕生と初期王朝の形成  周の時代  社会変動と新思想  秦の統一  漢代の政治  漢代の社会と文化  南北アメリカ大陸

3.内陸アジア世界・東アジア世界
草原の遊牧民  オアシス民の社会と経済  北方民族の活動と中国の分裂  社会経済の変化と魏晋南北朝の文化  朝鮮と日本の国家形成  隋・唐とその制度  唐の文化と東アジア文化圏  唐と隣接諸国  唐の衰退と五代十国

4.イスラーム世界の形成と発展
イスラーム教の誕生  イスラーム世界の成立  イスラーム帝国の形成  イスラーム帝国の分裂  東方イスラーム世界  バグダードからカイロへ  西方イスラーム世界の変容  イスラームの国家と経済  イスラーム勢力のインド進出  東南アジアの交易とイスラーム化  アフリカのイスラーム化  イスラームの文明と社会  イスラームの学問と文化活動

5.ヨーロッパ世界の形成と発展
ゲルマン人の大移動  フランク王国の発展  ローマ=カトリック教会の成長  カール大帝  分裂するフランク王国  外部勢力の侵入とヨーロッパ世界  封建社会の成立  教会の権威  ビザンツ帝国の繁栄と衰亡  ビザンツ帝国の社会と文化  スラヴ人と周辺諸民族の自立  十字軍とその影響  商業の発達  中世都市の成立  封建社会の衰退  教皇権の衰退  イギリスとフランス  百年戦争とバラ戦争  スペインとポルトガル  ドイツ・スイス・イタリアと北欧  教会と修道院  学問と大学  美術と文学

6.内陸アジア世界・東アジア世界の展開
トルコ系民族の進出とソグド人  トルキスタンの成立とトルコ人のイスラーム化  東アジアの勢力交替  中国北方の諸勢力  宋の統治  宋代の社会と経済  宋代の文化  モンゴル帝国の形成  元の東アジア支配  モンゴル時代の東西交流と帝国の解体

7.アジア諸地域の繁栄
14世紀の東アジアと明初の政治  明朝の朝貢世界  朝貢体制の動揺  明後期の社会と文化  16〜17世紀の東アジアの状況  清朝の統治  清朝支配の拡大  清朝と東アジア  清代の社会と文化  ティムール朝の興亡とオスマン帝国の成立  オスマン帝国の発展  サファヴィー朝の興隆とムガル帝国の成立  インド=イスラーム文化とインド地方勢力の台頭  東南アジア交易の発展

8.近世ヨーロッパ世界の形成
大航海時代  アメリカ大陸の征服  商業革命と価格革命  ルネサンスとは  文芸と美術  科学と技術  宗教改革の始まり  カルヴァンと宗教改革の広がり  対抗宗教改革  主権国家と主権国家体制  イタリア戦争  スペインの全盛期  オランダの独立とイギリスの海外進出  フランスの宗教内乱と絶対王政  17世紀の危機と三十年戦争  東ヨーロッパの新しい動き

9.近世ヨーロッパ世界の展開
重商主義政策  イギリス革命  イギリス議会政治の確立  ルイ14世の時代  プロイセンとオーストリア  北方戦争とロシア  ポーランドの分割  アジア市場の攻防  アメリカにおける植民地争奪  奴隷貿易  科学革命、啓蒙思想  宮廷文化と市民文化

10.近代ヨーロッパ・アメリカ世界の成立
世界最初の産業革命と機械の発明  交通機関の改良、資本主義体制の確立  北アメリカ植民地の形成  アメリカ合衆国の独立  合衆国憲法の制定  フランス革命、立憲君主政の成立  戦争と共和政  革命の終了  皇帝ナポレオン

11.欧米における近代国民国家の発展
ウィーン会議  ウィーン体制の動揺とフランス七月革命  イギリスの自由主義的改革  ギリシアの独立と東方問題  社会主義思想の成立  1848年革命  クリミア戦争とロシアの改革  ヴィクトリア期のイギリス  フランス第二帝政と第三共和政  イタリアの統一  ドイツの統一  ドイツ帝国の成立とビスマルク外交  北ヨーロッパ諸国の動向、国際的諸運動の進展  ラテンアメリカの独立  アメリカ合衆国の領土拡大  南北戦争  アメリカ合衆国の重工業化  19世紀欧米の文化  近代諸科学の発展  近代大都市文化の誕生

12.アジア諸地域の動揺
オスマン帝国支配の動揺  アラブ民族の目覚め  オスマン帝国の改革とイラン・アフガニスタンの動向  西欧勢力の進出とインドの植民地化  植民地統治下のインド社会  インド大反乱とインド帝国の成立  ジャワ・マレー・ビルマの植民地化  フィリピン・ベトナムの植民地化とタイの情勢  清朝の動揺とヨーロッパの進出  欧米諸国との条約  国内動乱と近代化の始動  東アジア国際秩序の再編

13.帝国主義とアジアの民族運動
第2次産業革命と帝国主義の成立  帝国主義と国内政治・イギリス  帝国主義と国内政治・フランスとドイツ  帝国主義と国内政治・ロシア  帝国主義と国内政治・アメリカ  アフリカの植民地化  太平洋諸地域の分割  ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗  列強の二極分化  中国分割の危機  日露対立と列強  辛亥革命  インドにおける民族運動の形成  東南アジアにおける民族運動の形成  西アジアの民族運動と立憲運動

14.二つの世界大戦
バルカン半島の危機  第一次世界大戦の勃発  戦時外交と総力戦  ロシア革命  戦時共産主義と新経済政策  ヴェルサイユ体制とワシントン体制  国際協調と軍縮の進展  西欧諸国の停滞  イタリアのファシズム  東欧・バルカン諸国・ソ連  アメリカ合衆国の繁栄  第一次世界大戦と東アジア  日本の動きと東アジアの民族運動  国民党と共産党  インドにおける民族運動の展開  東南アジアにおける民族運動の展開  トルコ革命  イスラーム諸国の動向  アフリカの民族運動  世界恐慌とその影響  ニューディールとブロック経済  満州事変と中国  日中戦争  ナチス=ドイツ  スターリン体制  ファシズム諸国の攻勢  ナチス=ドイツの侵略と開戦  ヨーロッパの戦争  太平洋戦争  ファシズム諸国の敗北

15.冷戦と第三世界の独立
戦後世界秩序の形成  敗戦国の戦後処理  米ソ冷戦の始まり  東西ヨーロッパの分断  中華人民共和国の成立と南北朝鮮  東南アジアの独立  南アジア・西アジアの独立  朝鮮戦争と軍備拡張競争  アメリカ合衆国の「豊かな社会」化  西欧・日本の経済復興  ソ連の「雪どけ」と平和共存政策  第三世界の連携  アフリカ諸国の独立と苦悩  ラテンアメリカ諸国とキューバ革命  米ソ両大国の動揺と平和共存への転換  ヨーロッパでの緊張緩和  中ソ対立と中国の動揺  ベトナム戦争とインドシナ半島  開発独裁と南・東南アジアの自立化  国際経済体制のいきづまり  途上国の工業化と先進国の社会変容  冷戦の終結へ

16.現在の世界
東欧の民主化  ソ連邦の解体  通商の自由化と地域統合の進展  途上国の民主化  アジア社会主義国の変容  東欧・ロシアの地域紛争  アフリカの民主化と貧困・内戦  中東・アジアの地域紛争  対テロ戦争と紛争解決の試み  科学技術の20世紀  環境保護  現代思想・文化の特徴

17.同時代の日本と世界(巻末資料)
前2〜前1世紀ころの世界  2世紀の世界  5世紀の世界  7世紀の世界  8世紀の世界  10世紀の世界  11世紀の世界  12世紀の世界  13世紀の世界  14世紀の世界  15世紀前半の世界  16世紀の世界  17世紀の世界  18世紀なかば(1763年)の世界  19世紀後半の世界