最終更新日2019年7月17日

戻る

メニューに戻る
詳解世界史歴史地図・図解


−東南アジアへのイスラーム教の伝播−



(この画像と説明文は『世界史地図・図解集』に収録されています)


東南アジアへのイスラーム教の伝播


14〜15世紀の東南アジア(イスラーム教の伝播)
 14世紀末マレー半島西南部に,東南アジア最初のイスラーム教国マラッカ王国が成立し,王がスルタンの称号を用いると,東南アジアのイスラーム化が促進されました。