最終更新日2020年5月27日

戻る

メニューに戻る
詳解世界史歴史地図・図解


−東晋と前秦−



(この画像と説明文は『世界史地図・図解集』に収録されています)


東晋と前秦

東晋と前秦
 晋(西晋)は280年に呉を滅ぼし中国を統一しましたが,316年匈奴の劉氏に滅ぼされました。一族の司馬睿(元帝)が建康(南京)に再建(東晋,317〜420)しましたが,恭帝のとき劉裕(南朝宋の武帝)に滅ぼされました。東晋の帝権は弱く,将軍らの政権争いが続きましたが,その間に謝玄は前秦の3代目の苻堅の南進を383年破りました。これで南北分立の形勢が決まりました。前秦(351〜394)は匈奴の劉淵による漢の建国から,北涼が北魏に滅ぼされるまでの間,華北に興亡した五胡十六国の一つです。前秦は苻建が長安を都として建てた王朝で,一時華北の大半を領有しましたが,東晋の将軍,劉裕の北伐で滅びました。