最終更新日2021年1月20日

戻る

メニューに戻る

大学入試日本史地図図解問題

−金融恐慌−

金融恐慌(中央大 改)
次の文章を読み、問に答えよ。なお、解答は漢字を用いるべきところは、正確な漢字で答えよ。
 第一次世界大戦後の戦後恐慌、次いで関東大震災の震災恐慌と続き、日本経済は大きな打撃をうけていた。1927年3月議会において、(A)内閣の蔵相片岡直温が財政政策について答弁したなかで、東京渡辺銀行がつぶれたと失言した。それがきっかけとなり銀行への激しい取り付け騒ぎが起こり、4月に入って台湾銀行・十五銀行などの銀行が休業するにおよび、金融恐慌は全国的なものとなった。
 政府は(B)に対する巨額の不良債権を抱えた台湾銀行を緊急勅令によって救済しようとしたが、これに失敗して総辞職した。(B)は砂糖・樟脳事業から発展し、第一次世界大戦中には台湾銀行の融資を受け総合商社として急成長した。1918年の米騒動の際には神戸の本店が焼き打ちにあい、戦後恐慌・震災恐慌で大きな打撃をうけて経営は悪化し、台湾銀行からも融資が打ち切られたため1927年倒産した。(C)は、田中義一内閣の蔵相として金融恐慌を収拾させた。
 1920年代の恐慌に際して、政府は日銀券を増発することによって一時的に経済破綻を防いだが、インフレ傾向が深まり工業の国際競争力は弱体化し、寺内正毅内閣の(D)年以来の金輸出禁止とあいまって、国際収支はますます悪化した。そこで、浜口雄幸内閣の(E)蔵相は産業合理化・緊縮財政につとめ、1930年1月から金解禁を断行し、貿易拡大を図ったが、世界恐慌の影響によって正貨の大量流出となり、日本経済は深刻な恐慌状態に陥った。そこで再び(C)が、犬養毅内閣の蔵相として登場し金輸出再禁止を行った。
問1 (A)に入る人物の姓名を答えよ。
問2 (B)に入る最も適切な語句を答えよ。
問3 (C)に入る人物の姓名を答えよ。
問4 (D)に入る西暦年とは異なる年に起こった事柄を、次から選び、その記号で答えよ。
 ア 石井・ランシング協定が結ばれた。
 イ ロシア革命が起こった。
 ウ 理化学研究所が創立された。
 エ 日本工業倶楽部が設立され、初代理事長に団琢磨が就任した。
 オ 鈴木文治らにより友愛会が設立された。
問5 (E)に入る人物の説明として正しいものを、次から選び、その記号で答えよ。
 ア 秘密結社桜会の将校によって暗殺された。
 イ 血盟団員によって暗殺された。
 ウ 五・一五事件で海軍青年将校によって射殺された。
 エ 東京駅において右翼の青年に狙撃され重傷を負い、翌年に死去した。
 オ 二・二六事件で陸軍皇道派の青年将校によって殺害された。

****

答え
問1(     )問2(     )問3(     )問4(  )問5(  )

解答
問1(若槻礼次郎)問2(鈴木商店)問3(高橋是清)問4(オ)問5(イ)



(この地図図解・史料問題は『日本史地図図解問題』に収録されています。また、問題で使われている地図・図版は『日本史地図・図解集』に収録されています。)