最終更新日2019年5月18日

戻る

メニューに戻る

日本史の学習室

−藤原氏の進出と政界の動揺(1)−

次の文の( )に適する語句を入れ、図版の空欄に適語を答えよ。
 8世紀の初めは、皇族や中央の有力貴族間で勢力が比較的均衡に保たれるなか、藤原(1)を中心に律令制度の確立がはかられた。やがて藤原(1)は、娘の宮子を(2)天皇に嫁がせ、その子の皇太子(のちの(3)天皇)にも娘の(4)を嫁がせて天皇家と密接な関係を築いた。
 (1)が死去すると、皇族の(5)が右大臣となり政権を握ったが、藤原氏の外戚(がいせき)としての地位が危うくなると、(1)の子の武智麻呂(むちまろ)・房前(ふささき)・宇合(うまかい)・麻呂(まろ)の4兄弟は、729(天平(てんぴょう)元)年、策謀によって左大臣であった(5)を自殺に追いこみ((5)の変)、(4)を皇后に立てることに成功した。しかし、737(天平9)年に流行した天然痘によって4兄弟はあいついで病死し、藤原氏の勢力は一時後退した。かわって皇族出身の(6)が政権を握り、唐から帰国した(7)や僧の(8)が(3)天皇に信任されて活躍した。
 740(天平12)年には、藤原(9)が(7)・(8)らの排除を求めて九州で反乱をおこしたが鎮圧された(藤原(9)の乱)。この乱がおきてから数年のあいだ、(3)天皇は(10)・難波宮・(11)などに都を転々と移した。
 こうした政治の動揺のなかで、(3)天皇は、仏教のもつ鎮護国家の思想によって国家の安定をはかろうとし、741(天平13)年に(12)の詔(みことのり)を出して、諸国に国分寺・国分尼寺をつくらせることにした。ついで743(天平15)年には近江の(11)で(13)の詔を出した。745(天平17)年に平城京に戻ると、(13)は奈良で続けられ、752(天平勝宝(しょうほう)4)年、(3)天皇の娘である(14)天皇の時に、大仏の開眼供養(かいげんくよう)の儀式がおこなわれた。

藤原氏の進出と政界の動揺(1)

答え
1(    )2(    )3(    )4(    )5(    )
6(    )7(    )8(    )9(    )10(    )
11(    )12(    )13(    )14(    )15(    )
16(    )17(    )18(    )19(    )20(    )
21(    )

解答
1(不比等)2(文武(もんむ))3(聖武)4(光明子(こうみょうし))5(長屋王)
6(橘諸兄(たちばなのもろえ))7(吉備真備)8(玄ム)9(広嗣(ひろつぐ))
10(恭仁(くに)京)11(紫香楽宮(しがらきのみや))12(国分寺建立)13(大仏造立(ぞうりゅう))
14(孝謙(こうけん))15(不比等)16(文武)17(聖武)18(光明子)19(橘諸兄)20(広嗣)
21(孝謙)



(この問題は『日本史基本問題』に収録されています。また、問題で使われている地図・図版は『日本史地図・図解集』に収録されています。)