せじま,りゅうぞう
瀬島 龍三
1911(明治44)年12月9日生
2007(平成19)年9月4日没
富山県出身
日本陸軍軍人
会社役員
号、立峰
妻、瀬島清子
松尾傳蔵の女婿
陸軍幼年学校卒
陸軍士官学校首席卒
歩兵35連隊付
1938(昭和13)年12月8日 陸軍大学校(51期)首席卒
 御前講演(「日本武将ノ統帥ニ就テ」)
太平洋戦争中、大本営陸軍参謀、同海軍参謀
1943(昭和18)年 ガダルカナル島撤収作戦の主任参謀
1945(昭和20)年7月 関東軍参謀 陸軍中佐
ソ連軍との停戦交渉に赴く
1945(昭和20)年〜1956(昭和31)年 シベリア抑留
鳩山一郎内閣の日ソ交渉で帰還
1958(昭和33)年 伊藤忠商事入社
 航空機部、業務部勤務
1961(昭和36)年 同社業務部長
1962(昭和37)年 同社取締役
1972(昭和47)年 同社副社長
1978(昭和53)年 同社会長
1981(昭和56)年 同社相談役
1981(昭和56)年3月16日 臨時行政編査会(第二臨調)委員
1983(昭和58)年7月4日 臨時行政改革推進審議会委員
1983(昭和58)年 亜細亜大学理事長
1987(昭和62)年 伊藤忠商事顧問
同社特別顧問
2000(平成12)年6月 同社特別顧問を退任
2000(平成12)年11月2日 料理屋「吉兆」(銀座)で森喜朗首相、中曽根康弘元首相、渡辺恒雄、氏家斉一郎と会談

NTT相談役
財団法人日本美術協会理事
財団法人日韓文化交流基金理事
財団法人地域伝統芸能活用センター会長
北海道活性化懇談会座長
軍事史学会特別顧問
日本戦略研究フォーラム会長

「瀬島会」のメンバーに「得意冷然 失意泰然」と認めた色紙を贈っている

著作「幾山河」「大東亜戦争の実相」