2009年11月前半 past top top

2009/11/01 Sun.  しまなみ海道

 サイクリストであるならば誰もが一度は走ってみたいと思うであろうしまなみ海道.絹代さんの自転車と旅しよう!という本でも最初に掲載されています.

 今までは,朝イチに新幹線で新尾道へ行き,夕方に今治に到着する案を考えていました.しかしそれだといざゴールしてからさてどうしよう? と首を捻らないといけなくなります.往復する? さすがにめんどい.今治から電車で帰ってくる? そんな上手いこと電車ある? 間に合う? じゃぁ松山あたりまで走ってどっかで一泊して翌日帰ってくる? 確かに道後温泉よさそうだけど,次の日帰ってくるだけでほとんど丸一日だよなそれ.てことは3連休かあるいは休暇使って…… となかなか機会が無いなぁと思っていました.
 また自分で安い宿探すってのが面倒というのもありました.この間のGF八ヶ岳のときも,実はノリでエントリーしたものの宿探しにかなり苦労したのです.公式ページに周辺の宿リストみたいなのがあって助かったのですが.

 そんな折,同期とちょっと飲んだときに大阪から松山にはフェリーがあるよという情報をゲット.たこフェリーや東京湾フェリーのように,松山から対岸の広島に渡るフェリーのことは頭にあっても,大阪から直通するフェリーのことは頭にありませんでした.まさに 「その発想は無かった」 状態.
 調べてみたらあるじゃないですか,大阪−松山−大分の便が.しかも夜行.しまなみゴール後に松山からフェリー乗れば翌早朝に大阪着.おぉ一日得できる.や,それだと万一フェリーの時刻に間に合わなかったら最悪なので逆ルートにすべきだなっと.空席照会してみると…… ちょw 連休前の金曜の便に空きがあるwww その3分後には予約完了していました.これも高速1000円の影響なんでしょうかね.ちゅうわけで,いよいよしまなみ海道サイクリングが実現する日が来たのでした.


●10/30(金).自宅〜大阪南港〜さんふらわあ
 仕事定時で上がって何とか18時前に一旦帰宅.自転車のエア入れなおして軽くチェーンとギア周りを清掃とGF八ヶ岳後からのひと月ぶりの簡易メンテナンスです.適当に晩飯食って,自宅 → 2号線 → 新なにわ筋 → 南港通 → 南港ATCと自走.19時に出発して1時間ちょい.何とか出港時刻21:30の1時間前までに到着できました.自走だと西成区経由でぐるっと遠回りしなきゃならんのが辛いですね.精神的に遠いわ.途中2ヶ所,柴谷大橋と南港大橋で渡るのに自転車降りて階段上がらんとアカンかったし.まさか地下鉄で輪行するのもなぁ.大阪港−コスモスクエア間だけ輪行というのも考えましたが…うーむ.

 とにかく 「さんふらわあ」 ですよさんふらわあ.超懐かしい.実は小学校のとき2度ほど,この大阪南港から鹿児島へと乗ったことがあります.当時は志布志港からさらに錦江湾内部まで運行していたのですが,志布志止まりとなってからは乗らなくなりました.ウチは目的地が薩摩なので,志布志なんかで降ろされると電車で宮崎経由となってしまうのです.ウチ車ないし.志布志〜都城へと結んでいた志布志線も廃線になってましたしね.
 …と約20年ぶりのさんふらわあ.船体側面の太陽がより懐かしさを引き立てます.あとは 「♪さんふらわ〜 さんふらわ〜」 というテーマソングが聴けたら完璧だったのですが…… これは残念.予約して取ったのは1等個室(2人部屋)です.1人ですがルームチャージ払って独り占めです.1等なんてちょっとリッチにと思うやも知れませんが,はっきり言って2等なんて乗れたもんや無いです.2等は1部屋10〜20名くらいで,一人あたり畳一畳分の幅があるかどうか.その幅で見知らぬ人と枕並べるなんてありえん.その分安いんでしょうけど.過去に2度乗ったと書きましたが,1度目がその2等,2度目は1等でした.多分両親も1度目で懲りたんじゃないかと思います.

 船内はガラガラじゃないかと思っていたのですが,修学旅行生の集団はいるし個人的には乗る気しない2等もぱっと見ほぼ埋まってるし,と意外と混んでいました.いや修学旅行生がいる分,他が埋まっているように見えるだけか? 何にせよ人はたくさんいるので船内の探検ついでにDS電源入れてうろちょろとしていたら1人すれちがいました.あーやっぱりいたかw あとは売店のぞいて見たり.あー,昔はここでさんふらわあの船のプラモ買って貰ったっけ.売ってなくてちょっと残念.あっても買わないけど.そうこうしているうちに出港時刻となり,自室で電気消して外を眺めていました.
  阪神高速のオレンジ灯の列.
  高層ビル屋上で瞬く赤い点.
  周期的に強く明滅を繰り返すのは灯台か.
  それらにぼんやりと照らされて辛うじて浮かび上がる六甲の山並み.
  神戸を過ぎて急に漆黒に覆われる陸地.あぁ,須磨から垂水あたりか.
  となると海面すれすれを動く小さな光の列は電車だな.
 旅行と言えばすっかり鉄道派なワタクシですが,たまには船旅もええもんですね.そして明石海峡大橋.ライトアップされてるのが見えたので慌てて甲板へ出ました.闇夜に浮かぶカテナリー曲線が見事でした.しっかし船上での夜景モード撮影難しすぎですね.手すりの上でデジカメ押さえつけて手ぶれは無いようにしても,エンジンや波の微小な振動は拾うし何より時速20ノット航行が意外と速い.被写体が動く分しっかりとボケたような感じになってしまいました.これは乗った人だけの特典ですね.風きつくて寒い(時速20ノットなんだから当たり前)のでさっさと自室へ.なんだかんだで仕事終わってから30km以上走行してることもあり,すんなりと寝ました.


●10/31(土) 松山高浜港〜松山駅〜今治
 松山到着が6:15に合わせて起床5時過ぎ.起きたときは真っ暗でしたが徐々に明るくなっていきました.黒一面の世界が,水平線を境に上半分が段々と淡くなっていくのが見えました.
 朝飯は船内で食えば良いやと思っていたのですが,なんとレストランの営業開始時刻が松山から大分に向けて出港した後でした.まさか朝食抜きで降ろされるとは思いませんでした.持ちこめば良かったと思います.松山に到着と言っても場所は松山市の中心部よりかなり北の高浜港.すぐにでも今治方面に行きたかったのですが,朝飯なしはさすがに無理です.普段のチャリ通も朝飯抜いたことは一度足りともありません.
 仕方が無いので一旦逆方向の松山駅へ.そこまで行けばなんか食えるだろう,と.結果から言えば最初に見つけたコンビニ(しまなみ道中も含めて妙にサークルKが多かった)で十分でしたorz 約10km,約30分で松山駅前に着いたは良いけれど,時刻は土曜朝7時.何も開いちゃいねぇ.しゃーないので駅構内のコンビニでおにぎりを調達しました.そういえば松山名物って何だろう? みかん以外で.瀬戸内の海鮮丼みたいなのを期待していたんですけどね.

 朝飯も食ったし,松山駅 → 国道196号 → 大西駅あたり → 県道15号(今治街道) → 今治 「サンライズ糸山」 と,基本的に予讃本線に沿う感じのルートで約45km.ぴったり2時間の9時半到着.うわーい.しまなみ海道入る前にすでに50km以上走ってるよ今日.サイコンは家から南港までの距離も含めて70オーバー.196とか今治街道とかアップダウンほとんど無く走りやすかったのでそれほど疲れませんでしたけどね〜.
 さてこの 「サンライズ糸山」 はしまなみ海道の今治側の拠点としたサイクリングターミナルらしい.レンタサイクルのサービスがあるほかに,宿泊施設にもなっているらしい.へぇ.確かに前の駐車場では自転車のセッティングしてはる方がいました.ここで50円券が10枚綴りになった通行券 「しまなみサイクリングクーポン」 をゲット.6つある橋の通行料合計500円のところクーポンだと250円.半額だ.また案内のお姉さんがサイクリングマップもくれました.詳しく載ってて良い感じです.


●しまなみ海道(※写真はmixiにてUP)
 ちょいと休憩して10時ちょっきし.いざ尾道へ向けて出発! まず1本目,来島海峡大橋です.3連続の大きな吊橋の雄姿.全長4km超で向こうは霞んで見えませんでした.しまなみ海道の中で一番大きな橋みたい.その橋の上までのヒルクライムが大変なんじゃ…と思っていましたが,ぐるっと緩やかなスロープが作られており楽勝でした.むしろどんだけ距離稼ぐんだよこれと言った感じでした.ママチャリだとしんどいかもしれませんが……他の橋でもコンクリートのスロープがなくても斜面をぐるっとつづら折で遠回りする自転車専用のルートが作られてありました.パンフによると高さ40m程度の橋の上に上がるのに1〜1.5kmの坂道.ただカーブの連続なので下り坂でスピード出すのは不可.
 橋の上は十分な広さがあり,歩行者の集団や自転車2〜3人で並走しているのがいなければすれ違うのに特に問題は無し.ただ最初の来島海峡大橋は橋の支柱の部分がシケインになっており減速必須.しかもそこに橋の繋ぎ目による段差があり注意必要です.減速してる分リム打ちの危険は少ないと思いますけど.

 今書いたように橋の出入りのアップダウンを心配しておったわけですが,むしろ1つ目の橋を渡った大島,この道中のヒルクライムの方がしんどかったです.素直にインナーに落としました.でもローまで落とすほどではありませんでした.それと,「しまなみ海道は全長が自転車道として整備されている」 と聞いていたので,てっきり全長にわたり自転車専用道みたいになっているのかと思ってたのですが,島内はおもいきし一般道でした.しかも自転車道はただの広めの歩道にしか見えん.なのでいつもどおり車道を走ってました.たまに 「自転車道→」 みたいな標識見かけてブレーキ引いたら,単に反対側の歩道に移るだけだったという.

 2本目.伯方・大島大橋――これは来島海峡大橋をちょっと小さくした感じの吊橋――を渡って伯方島へ.11時とちょうど1時間経過ってところに道の駅があったので入りました.「伯方S・Cパーク」 です.ここで 「伯方の塩ソフト」 なるソフトクリームをゲット.「伯方の塩」 といえば全国区に有名な塩ですが,ここだったんですね.全然知りませんでした.どのへんが塩なのかようわからんですけど,薄水色のソフトクリームは美味しかったです.適当にお土産買ったりして30分ほど休憩.まだまだ先は長いので出発するとすぐに3本目の大三島橋.これはアーチ状の小さな橋.大阪だと176の十三大橋を思い起こします(でもその淀川より短い!).もちろん十三大橋なんかより綺麗な白い橋でした.でも写真撮るの忘れたorz

 大三島はあっという間に通過し4本目の多々羅大橋.これはまた見事な斜張橋.その支柱のところに着くと 「多々羅鳴き龍」 という看板が.その下には拍子木も.看板のとおりに手を叩いてみると,おお.音が反響している.すげぇ.調子乗ってバンバンカンカン叩いてました.ちなみに次の生口橋でも同じように手を叩いたら反響しましたよ.

 多々羅をすぎて生田島へ.「サンセットビーチ」 なんて標識には目もくれず海を左に見ながら快調に飛ばします.そしたらルートでは信号を右折すべきところを直進してしまったようで,おや?と嫌な予感してパンフ取り出して眺めてたら,すぐさまその辺のおばちゃんが近寄ってくださいました.「うん,あんた今おるのがここやな.あーそれやったらちょっと戻らなアカンな」 と.うん.地元のおばちゃんありがとう.
 そしてまたしばらく橋って次の橋・生田橋の姿が.多々羅よりかは小さいけれどこれも立派な斜張橋やなー,見えたからそろそろ橋への入口が…………. あれ? どこだ? と思って再度パンフを開いてみたらかなり手前で通過してましたorz.車道走ってたから気づかなかったのかも.てゆーか後半になってから段々ルートが不案内になってきてないか? 気のせい?? 序盤はこれでもかっていうくらい看板・標識あったのに.次の因島内部でも曲がり角がちょっと分かりにくかったです.反対側からロード何人かとすれ違ったおかげで正解だと分かりました.

 因島に入った時点で時刻は12:45ってところ.そろそろ昼飯がてら休憩しようかなーと思う一方で,尾道まで20キロくらいとあって,このままゴールまで行っちゃえ,と最後6本目の因島大橋で向島へ.因島大橋は瀬戸大橋みたいに2階建てで上が車道で下(というか内部)が原付と自転車.瀬戸大橋を走る電車はこんな感じなんかな.ここは自転車の区画がちょっと狭かったです.
 向島もさくっと走って最後,尾道に渡るのは橋ではなく渡し舟.町中あちこちに 「自転車渡船乗り場こっち」 みたいな看板があって助かりました.渡船のおっちゃんも慣れた感じで,「はい自転車は70円」 70円!? 安っ! 次の船はいつかな〜と思っていたらほとんどピストン輸送みたいな感じで5分も待たされず.うーん便利だ.

 そんな感じでちょうど14時に尾道に到着.サンライズ糸山を出発して休憩込みでちょうど4時間.松山駅を出発してから6時間半.こんなもんなん? あっという間でした.橋有り海岸線有り山有りと景色目まぐるしく変わることがそう感じさせるのかもしれません.若干物足りない感じ.パンフに載ってるルートどおりに走ったんですけど,あえてルートを外して各島をもっとじっくり走るのも良いかもしれません.

●尾道〜新尾道〜新大阪〜帰宅
 昼飯もまだだし〜,ラーメン食って帰ろう♪ と渡船を降りたすぐ近くにあった喰海(くうかい)というラーメン屋に入りました.あっさり薄めの醤油ベースのスープ,細くて固めの麺.ベリーナイス.あとで新尾道駅でお土産にラーメン買いました.
 そう,帰りは新尾道から新幹線で輪行です.ラーメン食べながら持ってきた新幹線時刻表をパラパラとめくると,ちょうど新大阪行きのこだまがあったので(他はほとんど岡山どまり)それを携帯でEx予約.岡山でのぞみに乗り換えると4〜50分早く帰れるようでしたが,乗換無しにして正解.岡山停車の記憶がありません(笑)


走行距離: 157.75km
(ウチから南港,新大阪からウチ等全て含む)


「旅行いてきた!」 という気分なのに土曜一日しか費やしていないという事実.

2009/11/08 Sun.  たばこ

おっと,油断したら丸々1週間も日が空いてしまいました.
今日はタバコネタを少し.


1.「タバコ吸われますよね!?」 と言われた
 先週会社で歯科検診があったのですが,歯科衛生士のお姉さんにそう言われました.吸わんっちゅーの.前歯についていたヤニがしつこくて落とすの大変だったそうです.「え? あれ〜?」 と首を傾げるお姉さん.あれー? じゃねーよ.コーヒーしかないっしょw まぁ自分でも気になっていた着色だったので落としてくれて良かったです.

2.嫌いなのはタバコそのものではなくその人自身
 最近気づいたことです.仕事中,急にタバコの臭いが気になって咽るほどでした.「おかしい,ボウリングでは周りの人プカプカ吸っているのは全然気にならんのになぜだ…」 と思ったのですが,その臭いの元が隣の使えない新入社員と分かって納得しました.実は,タバコの煙が嫌いなのではなく,嫌いな人を非難するための格好の材料がタバコでしかないのだと.本当にタバコが嫌いだった学生の頃,一番近くにいたヘビースモーカーの人,うん,確かにオレその人タバコ抜きにしても大嫌いだったわ,と昔を思い返すことで納得ささらに倍.

3.たばこ増税
 何で今更!? 8月の時点でこれを大々的に言ってたら結果変わってたんじゃないですか? 何か国民に対して後出しジャンケン的なやり方をしているように見えますね.

2009/11/09 Mon.  けいおん! その後

そろそろ「けいおん!」を読むようになってからひと月になります.

原作読む
・ニコニコでタグ検索する
・アニメのMADを観る
・OPのMADを観る

はい,しっかりはまっていますね.そしてここからルート分岐します.

●ルート1
・「けいきゅう!」他鉄道系MAD観まくる
・観すぎて仕事中でも頭の中で延々ループする ← いまココ

●ルート2
・OP実写化動画観る
・京都行きたくなる ← いまココ

紅葉見に行くのも兼ねてまたチャリで京都行こうかなぁ…と思うんですが今週末くらいしかチャンスが無い……

2009/11/11 Wed.  溜飲を嘔吐する

 や,そんな用例ないと思います>今日のタイトル.
先日同期には,「♪ブログっても仕方ない〜」 と歌で(笑)叱られたところではありますが仕事バナです.

 おっさん何年ここで仕事しとんねんと思うほど物分かっていなくて,ここ間違ってるのと違いますか?と指摘しようもんなら逆切れしてしまうようなプライドだけが妙に高い人がいます.いやいました.過去形です.このおっさん定年まであと何年だ…? 早くやめてくれねーかなと思っていた矢先に定年退職され,やったーと1人ひっそりガッツポーズ,溜飲が下がる思いをしていました.

 ところが,だ.

 そんな一癖ある人であってもベテランであることは事実なので仕事をメインで任されており,応援というかたちで私もその人の下について仕事していました.

1.私に仕事を指示
2.図面提出完了
3.私は別の人の応援に入る
4.その後,何かしらの意図があったのか,私の図面に手を加えたらしい
5.現場から電話かかってくる
6.退職しはりました〜 じゃぁトラ君いますか? はいはい〜何でしょう?
7.「この図面ちょっと見てくれへん?」 と問い合わせを受ける
8.あり? オレこんな風に書いた覚えないんすけど…… しかも間違ってないこれ?
9.え? オレがケツ拭くのこれ?  ← 今ココ

 どうやら上記4番で手を加えたときに寸法のミスが混入したようでして,課長も巻き込んで私の図面と手が加わった図面との間で,どっちが正解や!? みたいな論争に一瞬なりました.私の勝ちでしたが.勝ったのは良いとして本人退職していないので私がフォローすることになってしまいほぼ丸一日潰れました.せっかく下げた溜飲を吐いちまった気分です.

2009/11/14 Sat.  チェーンリング交換

自転車メンテ.

 9月の上旬にチェーンとスプロケを相次いで交換して,今度は前のクランクも交換したいなぁと思っていました.ていうかクランク丸ごとじゃなくてもアウターのギアだけで良いんだけどなと思っていました.ちなみにそのギアの板のことを,「チェーンリング」 というらしいです.
 スプロケを交換するときに同じものを手に入れるのに少し苦労したこともあって,チェーンリングも多分同じことになるだろうなぁと思い,チェーンリングなんてPCDが同じだったら別のでも良いんじゃね? (あと歯数とか2枚か3枚かとかあるけど)と考え,シルベストに寄ったときに何度か探してみたのですが,適当なのが見つからず.結局通販に同じものが見つかりましたので購入しました.

そして今日土曜日,いつもどおりボウリングに行くつもりが火曜に大会あった関係で,ボールを人の車に乗せたままその人がゴルフで不在のため私も自動的にボウリングはお休み.ふいに時間があいたのでチェーリングを交換しました.
 スプロケの磨耗ほどひどくはありませんでしたが,古いチェーンリングはその刃先がへしゃげて形が変わっていました.3年半かけての話だけど,こんな硬いのを自分が削ったのかと思うと凄いような.機械部品ってそんなもんだとは思いますケド…

Back Next
up top