2010年7月後半 past top top

2010/07/29 Thu.  軽装富士登山と氷河特急脱線

 またずいぶん日が空いてしまいました.気がつけば7月が終わってしまうところでした.
土曜の真昼間に自転車乗って熱中症になりかけたり,外部のボウリング大会で惨敗して凹んだりしていました.

さてタイトル.

 富士山ではどっかのバカが軽装で山頂目指して救助されていました.その捜索や救助にかかった費用本人に請求してくれへんかなという思いはあるんですがそれはさておき,そんなバカに限らず登山で遭難してしまう原因の1つに,「せっかく来たのだから少し天候が悪いくらいで帰れない」 という心理が働くというのがあるとか.確かにその気持ちは分かります.私も4月の伊吹山HCでも出走するかギリギリまで迷いました.直前に陽が差していたので出走しましたが私にも 「せっかく来たのだから」 という思いがあったのは確かです.
 また先日スイスで“特に急がない”観光電車が脱線事故を起こしていました.死者すら出てしまうほどの事故でかつ原因もいまひとつよく分かっていないにもかかわらず,2日後にはもう運転再開とは5年前の福知山線事故との差に驚くばかりです.「原因はっきりするまでJRには乗らない」 とか 「一生乗らない」 とまで話す人もいたかと思います.そして運転再開された日にスイスにいた日本人観光客がインタビューを受けていました.

 「せっかく来たのだから運転再開されて良かった」
 「運転再開されたのだから安全だと信頼しています」

 これらの発言にはちょっと違和感が…….
 スイスまで行って乗ろうと思ってた列車に乗れなくなるのは確かに嫌ですけど,同じ事故もう1回起きたらどうするつもりなんだろう…….ちゃんとキャンセルした日本人はいるんだろうか.

Back Next
up top