2012年10月前半 past top top

2012/10/01 Mon.  輪番操業まとめ

 10月になりました.
 7〜9月と3ヶ月間続いた節電を目的とする輪番操業もようやく終了しました.

●メリット
・日曜朝の交通量が少ない/電車がガラガラ
・土日に外から電話かかってこない
・日曜にバンバン休暇出しても特に文句言われない
 → 結局8日分休暇出してやりました.去年と今年の分,不覚にも余らせてしまった休暇も使うことができました.
・日曜日は人が多いと敬遠していたところへ出掛けることができた
 具体的には和歌山のたま電車,鉄博,リニア・鉄道館に行くことができました.

▼デメリット
・日曜朝,家族を起こしてしまう
 親父起こして機嫌を損ね,「いつまで独立せんと家おるねん」 みたいなこと言われました.言いがかりだ!
・土曜に外に連絡しようとしても連絡がつかない
 次となると水曜になるんですよね.仕事になるか!
・水曜メール溜まってる&電話かかりまくり
 「今週中に」 ってそれってどっちの今週だ? 金曜ってことかうがー!みたいな.
・ボウリングに参加できない
 → 火曜日だけでもと仕事現役組だけで何とか集まることにはなりました.
・カラオケに行きづらい
 ボウリング後の午後にカラオケというパターンが崩れました.上記火曜ボウリングが午後開催だったため,なかなか行けませんでした.
・散髪に行けない
 普段は長ければ半年近く行かない私ですが,今回ばかりは友人の結婚式出席を控えて,早引きして散髪に行きました.

 冬とかまた来年とかやんのかなぁ…

2012/10/06 Sat.  リニア・鉄道館 その2

 リニア・鉄道館の続きです.

キハ181 クハ111
 新幹線車両に続いて,「しなの」の電車381と気動車181の他,古い電車・機関車など.プラットホームがあって車内に楽に入れるのは良いのですが,ガラスの柵があって撮影の邪魔になるという…
 また,フロアの奥には収蔵車両エリアがあって,貨物車とか建築限界測定車や0系もまだ2両置いてあったのですが,柵があってこちらは近づくこともできませんでした.展示というより車庫に並べてあるという感じでしたね.

 映像ブースでは,「新幹線誕生物語」 と 「新幹線を支えるプロフェッショナルたち」 の2本を見ました. 前者はエンジニアたちが様々な技術的課題をクリアしながら1つの目標へと突き進んでいく…… アカンわぁ…こういう話弱い.泣いてまう.後者は東京駅で働いてはるおばちゃんたちが整列してるシーンがあって,「いや,おばちゃんやんww」 と思いつつも,確かにプロの1つだわコレと認識を改めていました.シートの上をサッサと撫でてる団扇みたいな小さい箒,あれセンサー仕込んであってシートが濡れてたらわかるんだって.

ビッグサイト再現  続いてジオラマブース.
 向かって右に東京地区,中央に名古屋地区,左に関西地区を表現しているようでした(そういや鉄博のジオラマは何かテーマあったのかなぁ).
 東京−名古屋間には都留の鉄橋が再現されリニアが往復していました.16両編成のN700や700が走っていました.単にノンストップで走り続けているのではなく,ちゃんと駅に停車していました.その駅とは名古屋駅.やはりジオラマといえど新幹線の通過は認めたくないってことかw 夜になるとその新幹線の線路を保守用の車両が走っていました.
 そんな風に列車に拘りを見せる一方で,周囲の風景をよくよく見てみると,国会議事堂に東京タワーとスカイツリー,お台場もありビッグサイトが東西ともありましたw
野外ライブ再現  名古屋地区ではこのリニア鉄道館もそのまんま模型となり,また野外ライブまで再現(←)してありました.オレらがいるw
 関西地区には,清水寺ほかたくさんの寺院,甲子園球場に通天閣+道頓堀のグリコ看板などなど.
 鉄道とは直接関係無いところでたくさん拘っていて見ていて全く飽きませんでした.ガイドブックとは別にジオラマガイドも売られていたので買ってしまいました.それによると東京駅も実は復元工事後の姿でジオラマ再現されていたみたいです(リニア鉄道館に行ったときはまだ復元工事完成前).

 他には,リニアでの500km/h走行体験ができるリニア展示室や,改札鋏や切符の硬券用の活版,ちょうどニュースにもなっていたタブレットなどの展示を見て終了.鉄博より敷地面積は狭いと思いますが,その分濃縮されていたように思います(個人的にシミュレータだけでポイント高い).

2012/10/08 Mon.  【自転車】琵琶湖一周再び

 7日(日)は琵琶湖一周してきました.
 5年ぶりの琵琶湖となります(日付まで一緒だった).

 5年前は半分ひこにゃん目当てでしたが,今回の目的は,来月の鈴鹿エンデューロを4hソロで出るのを控えて,ちゃんと走れるかどうか.特に休憩無しで走れるかどうかの確認です.
 では5年前のエントリと同じ形式で書いていきます.

・4:00 起床
 気合の4時起床.ちゃっちゃと準備(着替えるだけ)して出発です.途中のコンビニで補給食を買い込み.
・5:02 普通京都行き
 始発電車を捕まえます.地元の駅の始発だとかなり遅くなってしまうので新大阪駅から.んで乗ってびっくり.座席が全部埋まるくらいには混んでやがんの.これほとんど飲んでたら終電無くなったパターンの人たちか…
・5:58 大津駅到着.
 途中京都で乗り換えてやっとこさ到着.普通だと長い….朝早すぎるのかここには同業者はいませんでした.とりあえず輪行解除して大津港へ.

・6:15 スタート
5年前スタート地点 今年のスタート地点
 大津港をスタート地点としてレッツゴー! 5年前同様左回りで行きます.
・7:05 琵琶湖大橋東詰通過
 先日エッシャー展で行った佐川美術館こっちみたいな看板も見つつ.
 ここまで,他の自転車乗り全然見かけねーなー,やっぱまだ朝早いのかなーと思っていましたが,琵琶湖大橋を通過した途端,集団でいるいるw ガンガン追い抜いていきます.
・8:05 愛知川通過
 近江八幡の長命寺から先の山間の細い道,5年前はうっかりショートカットしてしまいましたが今回はしっかり補填.そして愛知川通過.彦根の鳥人間コンテストの浜辺も通過.
・9:35 長浜市高月,片山隧道前
片山トンネル前  琵琶湖東側の終点となるトンネル前.大津港を出てから90kmちょっと.3時間20分とまだ4時間には届いてませんが,長浜の中心部を抜けてからずっと向かい風ってこともあり,いい加減休憩無しでしんどかったのでここでちょいと休憩.30分くらい.

・10:55 海津大崎
5年前の海津大崎 今年の海津大崎
 さっきのところから27km弱.マキノの海津大崎(桜で有名なとこ)にて2回目の休憩.15分くらい.
・12:00 安曇川−高島間のどこか
 マキノ→今津→安曇川→高島と湖周道路を若干の追い風の中,ハイペースを維持して走行.安曇川と高島の間でちらほらと見かける湖畔のキャンプ場,その公衆トイレにてトイレ休憩.道路向かいに自販機もあるという地味だけど好条件の場所でした.

・13:35 ゴール
 その後,高島からは161&558の西近江路を延々と南下.5年前は志賀の駅前など通ったけれど,今回はそっち方面に入る道をスルーしたっぽいです(北小松付近,自転車道の赤いラインが見えたけど直進した).

 スタートして7時間20分(休憩含む)とかアホかって感じですね.休憩除くと6時間半ってところですか.5年前は実はビンディングもサイコンも未装備(普通に運動靴で走ってた)だったとはいえ,ひこにゃん寄り道除いて9時間ってところ.どんだけ更新してるんだこれ.
 大津の駅から新大阪まで輪行して帰宅.
 走行距離: 198.2km(家から新大阪駅までの往復含む)


 今回の結論.休憩無しで4時間を走り続けることはできませんでしたが,鈴鹿ではリュック背負う必要ないし,集団の中なら楽できそうなのと下り坂流せば行けるかなーと.補給も普通に積める範囲で何とか済みそうかなーと,ギリギリですが完走の目処はたったかなーというところです.
 あと,ハンドル握るのが非常に疲れたので,バーテープを通勤チャリと同じコルク系の疲れ難いものに変えておこうと思います.

Back Next
up top