2013年5月前半 past top top

2013/05/02 Thu.  ノーチェック

 5月になりました.一部でクールビズが始まったそうですが若干肌寒いですね.まぁ脱ぐことが目的じゃない.
 GW後半戦,MBF6はお気に入りのサークルさんが思ったより参加なされてない,参加されてても新刊落としてはるという状態なので行くのやめました.


 さてさて,学研ムックの,「ここに文章が入りますここに文章が入ります」 とダミーテキストがそのまま残るなど校正不備があって販売中止になったってアレ.

決して笑い事じゃ無いという.

 設計の仕事しとりますが,実際の作図作業はアウトソーシングすることがほとんどです.設計と作図とは違いますので.設計者は意図を作図者に伝え,図面を完成させる作業を外に出すわけです.
 で,図面が完成したら下流部署に流す前に,設計意図がしっかり伝わっているかどうか,図面の不備が無いかチェックしなければなりません.ここで難しいのが,どれぐらいチェックに時間をかけるか.あまりに時間をかけすぎてしまうと外でやらせてる意味も薄れてきますし,かと言って全く見ないわけにもいきません.したがって依頼した相手のレベルに応じて適宜やるというのが実情です.
 しかし! 去年この辺でグチってたように,ほとんどチェックされずに流れてしまい,後で大変な目に遭いました.

 で,上記のニュース.全く同じことが起きてますねコレ.完成された(完成したうちに入らん気もするけど)ものがノーチェックで出版されてます.一般販売されるものだからこうして世間に明るみになったってだけで,ウチの部署も同レベル.

2013/05/03 Fri.  3DS版DQ7 クリア

 GW直前のことなんですが,3DS版DQ7,クリアしました.

 砂漠の 「そこにあったのか」 のシーンはびっくりしました.こんなのまで忘れていたのか…….
 一方,風の迷宮,あの六面体を回転させるダンジョンは,見た瞬間に頭の後ろで横一文字に光の筋が走ったコナン君のように思い出しました.当時DQ初プレステってことで,そういうこともできるというアピールポイントだったように思います.風の精霊のキャラクターは一昔前のギャルそのまんまでした.ちょうどガングロとか流行ってた時代ですかね.
 オルゴ・デミーラ撃破レベル,主人公は41でした.石版ダンジョン潜って遊んでたので高い方かと思うのですが,最終形態で2人MPが尽きているところで凍てつく冷気や灼熱の炎を連発されるなどかなり苦戦しました.よく勝てたと思います.


 後は裏ボスと公式のDL石版.もうちょっと続きます.

2013/05/05 Sun.  DQ4コンサート

 DQ4コンサート at 河内長野ラブリーホールに行ってきました.

 去年もGWに同じ場所でコンサートがありました.これからは毎年ここで開催されるってことで良いのかな? 大阪府内ですけどウチからだと京都行くのと大差無いんですが名古屋より良いです.
 今回も2階後方の座席で上から全体を見渡す感じ.ジプシー・ダンスでリズム取ってるのはタンバリンだったのか,呪われし塔でのカンカンと甲高い音あれは何を叩いてるんだろう…? と主にパーカッションのお姉さんを見ていたように思います.
 あ,でも今回は 「謎の城」 でのコンサートマスターによるバイオリンソロ演奏は間近で見たかったかな.

 アンコールは新しいものからということで,Xから 「さらなる未来へ」 と 「目覚めし五つの種族」 の2曲.聴いたことない曲だけどどんなのかなー?と想像をめぐらしながら1曲目,って短ぇ.うーむ.どのシーンの曲なんだろう.
 2曲目,明るく和やかな曲調に街の曲かな〜と思っていたら,最後の方は,何かエンディングにも使われていそうな派手さ.そういえばこのタイトルってゲームのサブタイトルにもなってたはず.ってことはオープニングのイベントの曲かな? そして最後の最後,アンコール3曲目は序曲(X)でした.

 今夏の京都でのコンサートはXなのでスルーですが,あと何年か,行けるだけ行こうと思います.

2013/05/14 Tue.  【自転車】佐渡ロングライド

 佐渡島を自転車で一周するイベント,「佐渡ロングライド210」 出場しましたー.

●はじめに
 人生で一度は参加しておきたいと思う自転車イベントの1つです.琵琶湖一周も実質190無く,一日200以上の走行経験は無いんですが,まぁ行けるかなーと.ちなみにこの大会には過去に100km以上の自転車イベントの経験があることという参加条件があり,私はGF八ヶ岳(110km)に出たことありますし,去年の鈴鹿エンデューロ4hソロにも出ていますのでクリアです.

 あと,東方神霊廟に出てきた狸の妖怪,二ツ岩マミゾウさんの由来になったとされる 「二ツ岩大明神」 にも立ち寄りましたので,最後に記します.


●11日(土)
 4:45起きの6:20の新幹線.前日に受付を済ませるべくできるだけ早く佐渡に着こうとしたらこうなりました.夜行“きたぐに”がまだあれば使ったんですがね…….
 新幹線を乗り継いで10:49に新潟駅着,バスとジェットフォイル(高速船)で昼過ぎにようやく佐渡島に上陸しました.佐渡では昼過ぎに降水確率20%という予報であり,まぁ着く頃には止んでるだろと思っていたのですが……すっげー大雨.
 しかも下船時の輪行袋受け取りに時間がかかってしまい路線バスに間に合わず(シャトルバス申し込んでなかった),雨の中受付会場までの16〜7kmを走りました.撥水コートかけたウィンドブレーカ着てたので体は大丈夫(でもなぜかケツは濡れた)でしたが,靴がボトボトになってしまいました.

前日,雨のスタート地点  会場到着,受付済ませ自転車を預け,前夜祭や企業ブース(と書くとコミケみたいだけど)一切無視してとっとと宿に向かいます.シャトルバスは前夜祭終了後の運行なのでパスです.国道を歩いていくと2つ目で小屋付きのバス停を見つけてラッキー.そこでウィンドブレーカも脱いで靴下も搾れるだけ搾りました.
 17時過ぎにチェックイン.翌朝のシャトルバスは朝3時,2時起きとなるのでとっとと寝てしまいます(だから前夜祭終わってからのバスなんて待ってられない).あれ?これ布団どうすんだろ? 普通ならばみんなで食事してる間に敷かれてるもんだけど晩飯はもう食べた(コンビニ弁当)し,まぁいいや自分で敷いちゃえと20時前には寝ました.そういえば夢の中で 「ごめんくださーい」 とドアを叩く音がしてたような.

 土曜日の走行距離: 17.55km(自宅〜最寄り駅+両津港〜佐和田受付会場)


●12日(日)
 携帯マナーモード切るの忘れてましたけど何とか2時起床.宿が用意してくれていた朝ご飯(弁当)とスイーツを頬張って支度します.
 シャトルバスで4時頃スタート会場に到着.霧雨があるくらいでさすがに天気はもう大丈夫そう.……なのですが夜明け前で寒い.みんなレインコート着てて,ざっと見渡して半袖は私だけ.あれー? いや確かに今めっちゃ寒いけど走り出したらすぐ暑くなるんじゃ?

◆スタート〜第2AS
 5時にスタート地点への移動が始まり,5時半にA1クラスから順にスタートです.私はA2クラスにエントリーしていたので,実際にはだいたい5:45分くらいのスタートでした.
 別に飛ばすつもりも無いんですが30km/hで走るだけで10秒前,20秒前にスタートした人たちにあっさりと追いついてしまいます.そのうちゼッケン番号からしてA1クラスの人にも追いつきました.どうみてもそんな時間で完走できそうにもない初老のお方とか,小学生くらいを含めた家族連れとか.なんであんたらがA1クラスなの? A1って6〜7時間で完走できる実力のある人じゃないの? チェックポイントの制限時間稼ぎか? 身勝手なエントリーの仕方してんじゃねーよ,と闇の感情も芽生えさえつつ.
 軽いアップダウンも無難にこなして20km地点,最初のエイドステーションは通過.いくら長丁場とはいえまだ1時間も走ってないよ.おっと,そういやボトルのアクエリも全然口つけてなかったねーという感じ.
 ただそのせいで,急に一人旅になってしまいました.まぁ良いか,ペース落としてのんびり行こうやー と思ってたらすぐに5人くらいの集団が後ろからやってきました.これはついて行けないかな,お,うん? あれ? ってついて行こうとしてないのに集団に吸収されました.15km以上の距離を集団の中で35〜40km/hのペースで走り,二つ目のエイドステーションに到着.7:05くらい.
 いやぁうん.随分楽させて貰いました.前の5人がグループで先頭交代してて,私6番目.オレも順番に先頭行った方がええんとちゃうんかなーと思いつつも(まだこんなこと考える余裕があった)前から下がってくる人は私の前に入ってくるし.

◆第2AS〜両津BS
Z坂  第2ASを出た後も,同じように後ろから速い人が来るのを待ちます(さっきまで一緒に走ってた人たちが出発するの待つことはしなかったw).さくっと吸収され,ほどなくしていわゆる「Z坂」です.
 いやー本当に噂に聞いていたとおりそのまんまZですね.見た瞬間笑いました.止まるサインを出してパチリと.
Z坂を上から  えっちらおっちらゆっくりと上り今度はZの上辺からパチリと.集団の人たちもここはやはり観光目的もあったようで写真を撮っていました.
 さて,ここから佐渡の北端に向かってアップダウンです.誰かについて行けるのなら行きたいんですが……下りが苦手(というか安全面からむやみにスピード出す気がしない)ということを実感しました.
 平地: 速い人と一緒に走る
 上り: そのまま一緒にがんばる
 下り: ついていけない,引き離される
 その後平坦であればまだ追いつけるのですが,すぐに上りとなるとこれは無理…….というわけでアップダウンを抜けた後は,別の2人組について行きます.そしてもうじきエイド.あーどうしようかな,さっきのエイドからそんな言うほど時間経って無いし,前の2人が入ったら入るかーと考えていると前の2人組,通過! おk.
 そのまま佐渡の東海岸を向かい風の中を延々と進んでいきます.ちょっとペースが落ちたとき,後ろの人が痺れ切らしたのか前に出ました.ちぎってどんどん逃げていくのかと思えばそうでもなく,はい事実上の先頭交代w.途中パラパラと追い抜いた人もみんなついてきてたらしく,ふと振り向いたら10人以上の長大編成になっていましたw 結局その人10km以上一人で引っ張ってたような.すげー.
 そしておおよそ中間地点となる両津BS(弁当ステーション)に到着しました.時刻は9:20頃.お昼には早いですがお弁当とお味噌汁をいただきました.ちなみにここでの制限時刻は12時.時間的には余裕.

◆両津BS〜ゴール
 9:45,後半戦スタートです.正直なところまだ110もあんのか状態です.やはり前半全体的にオーバーペースだったようで,急に疲労が体にのしかかって来ました.ここでちぎれたら向かい風で余計しんどくなると思って食らいついてたしね…….晴れ間も出てきて地味に体力削られたのもあるかと思います.後半でそれをやると最後まで持たない予感がしました.早速追い抜いて行く集団がありましたがやはり脚が動きませんでした.淡々と一人旅です.
 そのうち体のある箇所に痛みが出始めました.脚でなければ膝でも,腰でもケツでもありません.それはどこかというと腕です.右腕の裏側(上腕三頭筋ですかね)です.単に長時間走っているのが原因か,ハンドルバーの形状が変わっているせいか(3月まで乗っていたメリダとは形状が違う).マッサージしながら走り,11:05頃に5つ目となるエイドステーション(140km)に到着しました.もはやエイド通過したろーという気も起きず.
 天気が良くなったかと思えば,ところどころ海からの霧が立ち込めて視界悪し.トンネルでは寒ぅござんした.
小木港にてフェリー  12:20頃,6つ目のエイドステーション(162km)に到着.どでかいフェリーの姿を眺めながらストレッチなどをしていました.
 170kmを通過し佐渡島の南西の岬,例年とコース変更となったとかで,ある交差点を右折して見えるは激坂.おいおいおいおい…….170km超えたとこでこのヒルクライムかよっ! いや,ルートで九十九折になってたから分かってたけどさ.時速一桁で上るのが精一杯でした.
戦闘機発見  そのヒルクライムを何とか乗り越え再び海岸線へ.砂浜のそばを走っていると砂山の向こうに突如戦闘機がっ!? 思わず止まって近寄りました.映画のオープンセットらしいですね.終戦直後に不時着してきてどうこうとか史実を映画化したとか.後から来た別の人も止まっていました.「いやよくみんな素通りできるよな」 と.全くです.
 その後すぐに最後のエイドステーション.またすぐヒルクライムがありましたが何とかクリア.さぁ下ってゴールに向かって突き進むのみ.多少の追い風もあってペースは上がります.そして15:15頃にゴール! 公式では個人個人のタイムが出ないようなので,サイコンの記録を掲載すると,208.99kmで7時間56分(休憩除く)でした.だいたい8時間+休憩1時間半ってところですかね.何事も無く完走できて良かったと思います.

 完走できたのは何より,早朝から軒先に椅子出して拍手してくださるおばあちゃんたちと,各エイドステーションでボランティアスタッフとして借り出されていたと思われる地元の高校生(?)たちの声援あってのこと.佐渡の皆さんには感謝感謝です.


◆二ツ岩大明神巡礼
 さて,東方神霊廟のマミゾウさん所縁の二ツ岩大明神に向かいます.場所は宿のある両津とは正反対の相川.ゴール後に行くかそれとも翌日に行くか迷いましたが,走行距離と翌日の時間的余裕を考え,少々無理をしますがこのまま向かうことにしました.じゃぁもうひとっ走り行きますか! と漕ぎ出したところ後輪パンク.えええええ!? タイヤ内側のワイヤが1本切れてました.何もこんなときパンクしなくても,いやロングライド中じゃなくて良かったというべきか,タイミング悪いんだか良いんだか…….時間ロスは痛いですがさくっと修理して出発です.
 のんびりと坂を上ってトンネルを抜けて30分ちょい.確かこの辺だったと思うんだけど,とその辺のおっちゃんに尋ねてみたら親切に教えてくださいました.ありがとうございます.教えていただいたとおりに細道を進んで,ここでもか!というくらいの坂道を上って辿り着きました.
二ツ岩大明神  正面には朱に塗られた立派な鳥居がありましたが,奥には根元が朽ちて倒れかけた鳥居がいくつもありました.廃墟っぽくてちょっと不気味です.少し進むと祭壇(?)がありました.そこには小さなお地蔵さんがたくさんと,お人形やミッキーやトラのぬいぐるみなどが納められており,より不気味さを演出していました.
 また看板には「毎月12日が縁日」とあり,あれ今日12日だよね?と晩まで待ったら何かあるのかな?と思いましたがさすがに断念.
ここから右へ入ると二ツ岩大明神

 あとは両津の宿までのんびりと走るだけ.何とか暗くなる前に宿に戻ることができました.結局ゴール後に35kmくらい走ったことに…….仲居のお姉さんに話したら呆れてはりました.いや,うん.あの表情は絶対呆れてた! 温泉に浸かって早々とダウン.

 日曜日の走行距離: 244.89km(佐渡島一周+佐和田〜二ツ岩大明神〜宿)


●13日(月)
 帰阪です.
漁師丼  予約してたジェットフォイルの時刻は13:20発→14:25着,新潟港からのバス時刻は14:35→14:50.そして乗る予定の特急の発車時刻は15:19です.絶妙の乗り継ぎですが,ジェットフォイル下船時の自転車受取に手間取ることは判明しているため,早くに両津港に行って1本前の船に変更して貰いました.
 行程に安心したところで両津港のターミナルにて海鮮丼(名前は漁師丼)を頂きました.鰤と蟹がぶつ切りにされた味噌汁がおかわり自由だなんて素敵過ぎです.
 新潟からは信越&北陸本線経由で,北越とサンダーバードに乗って帰ってきました.特急合わせて7時間……

Back Next
up top