2014年11月前半 past top top

2014/11/11 Tue.  5年9ヶ月越しの$→¥

 別にFXやってはないのですが,手持ちのドルを円に替えました.

 1000ドルちょい.これは海外出張での滞在費の残りです.
 当時,会社で出張精算すれば社内のレートで1ドル=100円だったのですが,当時でも円高円高と言われてて,ちょっとでも円安なったら嬉しいな〜と思って精算せずにドルのまま持ってたら,あれよあれよと進む円高.まさか80切るとこまで行くとはねぇ.ったくミンスめ.

 んで,5年9ヶ月間ほど,ほぼ6年近くですね.置いてましたw
 まだ円安が進むのかどうかよく分かりませんが,いい加減長く放置しすぎの感がありますので替えた次第です.

2014/11/15 Sat.  鈴鹿エンデューロ参戦

 15日(土),鈴鹿エンデューロ,4hソロに参戦しました.

 2年ぶりの参加となります.
 去年は会社チャリ部から案内すら来ず(なんでやねん)自動的にスルー.今年は案内来ていたので申し込んだら,後輩が会社のチームとしてエントリーするのを忘れるというチョンボやらかしてやがりました.
 「参加します!」と勢いよく返事してた先輩たちの心意気を踏みにじってることになるんだがな……それ.割とマジで静かに怒ってます.

 私は私でこの夏から体調不良続きでほとんど自転車乗れてなくて,正直何しに行くのかわからんのですが,とにかくDNSは無し.エントリーキャンセルできへんし,宿も予約してるし,という理由もありますが,大事なのは,乗れてないからって止めたらそこで自転車人生は終了だから.
 知り合いの自転車屋のメンバーも参加しないらしく,今年は完全にソロでの出場となってしまいました.


●14日(金)
 仕事休みにして昼過ぎに出発.近鉄大阪難波から特急で白子まで.輪行解除して少し離れた宿へ.近くのコンビニでメシを調達して20時過ぎに就寝.2年前寝付けなかったようなことも今年はありませんでした.


●15日(土)
 3:30起き.いそいそと準備してピットオープンの5時に合わせてクソ寒い夜道を鈴鹿サーキットへ.ウィンドブレーカーの上にさらに普通のジャンバーも着て走りました.あぁそう言えばオリオンが綺麗に見えたなぁ.ミンタカ・アルニラム・アルニタクの三ツ星もはっきりと.

 サーキットに着くなり腹痛発動で焦りましたが,まだトイレ列できる前でセーフ.
 受付を済ませて第1コーナー手前のピットエリアへ.準備してるうちにそろそろ試走タイムなわけですが,荷物はどないしたもんかいなっと.例えばヒルクライムならば荷物は大会本部に預けるなりゴール地点に持っていってもらうなりできたわけですが,エンデューロはここに置きっぱなし.しかし案内には「貴重品は置かないように」と書いてある.だからと言って大会本部で預かってくれるわけでもナシ.どないせいっちゅうねん.ここでまた会社としてエントリーし損なった後輩への怒りが増幅するわけです.マジありえん.
 仕方ないのでサドルバックに財布とデジカメだけ積んで,かばんはテントの柱にワイヤー錠で括り付けました.でもこれってかばんは無事でも中身消えるパターンだよねっと.何事もないことを祈るのみ.

 6:15になり,試走にレッツゴー!
 2年前は雨の中1周だけでしたが,今回はのんびりと2周.息を切らさない程度の速度で流すと1周何分くらいになるかってのを知りたくて……だいたい12分45秒.これだと1時間で5周できないから19周,いや18周くらいかなぁと.2年前は21周だったので溜息.


 8:00.8hのカテゴリーの選手たちがスタートしていくのを見送って,8:03.4hエンデューロのスタートです.
 積んだ補給は2年前と同じく,
 ・ボトル×2(1リットルのアクエリを2本に分配)
 ・ゼリー飲料×2

 なお,靴は,ビンディングはビンディングですが,自転車専用の軽いのではなく,クリート金具がゴムの厚さの中に入ってる普段履きにも使えるタイプです.


・1〜6周目
 スタート直後,「プロデューサー同士がんばりましょう!」 と律子を背負ったプロデューサー殿に声をかけられるw はい,6月の富士ヒルクライムと同様,背中に千早を背負って走っています.
 それでテンション上がったわけではありませんが,集団の中を10分台で6周.ここまで全く飛ばさず,息も切らさず.汗もかかず.意外と走れてるなーという印象.これで1時間経過.
・7〜9周目
 だいぶバラけて来てほとんど一人旅状態.若干ペース落ちて11分前半くらい.
・10〜13周目
 風が強くなってきた.バックストレートが強烈な向かい風で30km/hに乗らない.横をぶち抜いていく先頭集団も心なしかその速さに鈍さを感じる.先導のバイクの兄ちゃんも後ろを振り返って「あれ,来てない」と呟いてスピードを落としていた.
 11周目で2時間経過.やっと半分.脚はもちろん腰も腕も痛くてめちゃくちゃしんどい.12分台.
・14周目
 ホームストレートやスプーンの上り坂がしんどすぎる.そして視界の左右下の方が,白黒に点滅し始める.あと1時間半…….流石にこりゃやばいと思ってピットインして休憩.補給食として用意してたチョコクロワッサンを食べる.
 10分休憩終わりっと立ち上がるとチェーン外れとる.風に煽られて自転車が倒れそうになり慌てて支えたときに外れた模様.さらに時間ロスして都合休憩は12分強に.
・15周目〜ゴール
 休憩すれどもペースは上がらず.風も強いままで13分の後半.そして16周目の終わりのときに残り40分の表示.…13分×3で39分だから,間に合えばあと4周,間に合わなければあと3周で終了.
 17周目終了時あと25分ちょっと,何とか間に合わせたい!の一心でペースアップ.18周目は30秒縮めて13分ちょっと,そして19周目はさらにがんばりましたが,ラストホームストレート上でタイムアップ.50秒くらい届かず19周で終了.あーさっきチェーン外れてなければ間に合ったかも知らんのかー.とにかく2年前の21周より2周も少ない結果となりました.


 ゴール後はとっとと片付けて,再び近鉄の白子駅から特急に乗って帰ってきました.

 走行距離: 32.7km(前日&当日の移動+試走2周)
       +111.01km(鈴鹿19周)

Back Next
up top