MY COLLECTION

がんばって増やしていきたいです!

 

チュードル・サブマリーナー。初めて私が購入したチュードルです。お店はスイート・ロードでした。
もともと、黒文字盤×黒ベゼルのものを求めて行ったのですが、好みのサイズがありませんでした。(私は手首が細いので、あまりごつい時計は似合わないのです。)
そこで、お店の人に薦められたのが、この青文字盤×青ベゼル、ミッドサイズのサブマリーナーです。
そのときはけっこう迷ったのですが、今は良い買い物をしたと思っています。青といっても落ち着いた感じの青ですし、この色がまたチュードルらしいかなと思いまして。
サイズもちょうど良い感じで、私のお気に入りの一本です。

豆知識:
このモデルの日時調節は、1つのリューズだけで行なうことができます。
リューズを緩めた後、軽く引っ張って回せば日にちの調節、さらに引っ張って回すと時刻の調整ができます。なかなか面白い機構ですね。

チュードル・オイスターデイト。12時の位置に大きなバラのマークがプリントされた、いわゆる「デカバラ」モデルです。0101のセール時に購入しました。
このオイスターデイトは私が求めていたモデルそのもので、バラのマークはもちろん、黒文字盤、日付付き、自動巻き、ステンレスベルトと、非の打ち所がありません。(← ちょっとした親バカですね。。)
また、このオイスターデイトは一応メンズ・サイズなんですが、↑のミッド・サイズのサブマリーナーとほぼ同じ大きさでした。手首の細い私には嬉しい要素です。
また、お気に入りの一本が増えました。

豆知識:
このモデルの日時調節も、1つのリューズだけで行ないます。
時間の調整はリューズを緩めて回す一般的な方法ですが、日にちの設定がちょっと変わっています。リューズを回して12時に時針を合わせ、そこから8時くらいまで時針を戻し、再度12時まで進めると、日にちが1日進みます。


チュ−ドル・クロノタイム。Ref.79280。シルバー文字盤に、黒のインダイヤルが入ったモデルで、アンティーク・コルリオーネで購入しました。これまで所有していたTUDORと異なる色合いが欲しいなということもあり、これを選択しました。
ステンベゼルで、オイスターケース、王冠リュ−ズを装備しています。
この品を購入する際には、他に、プラベゼルのモデル、かまぼこケースのモデルと、いくつかの手強いライバルがいました。
しかし、中古品ながら、値段の割にかなり程度も良く、さらにTUDORの保証書&BOX付きという嬉しい〜特典付きということで、購入と相成りました。

さらに、時計の下の写真は、TUDORのノベルティーグッズで、いかり型のキーチェーンです。なんと、おまけで付けてくれました〜♪(コルリオーネさん、ありがとうございました。)

豆知識:
このモデルの日時調節は、上記サブマリーナーと同様です。
日時調節は、真中のプッシュボタンで行ないます。
上のプッシュボタンは、ストップウォッチの「スタート&ストップ」、下のプッシュボタンは、ストップウォッチの「リセット」を行なうボタンです。
左のインダイヤルが秒数、上下のインダイヤルはストップウォッチの経過時間を表します。(上は分単位、下は時単位のインダイヤルです。)


“ルーツウォッチトレーディング”のオークションで入手したウォッチボックスです。こちらのお店のオークションでは、頻繁にこういったノベルティーグッズが出品されるのですが、主にロレックスのものでチュードルは珍しいです。
落札価格ですが、なんと1,000円ポッキリ!(これが高いと感じるか、安いと感じるかは、人それぞれですよね^^)ちなみに、入札者は2人だけでした^^;(この辺がチュードルらしいところ。。)
1950年代の貝殻をかたどったウォッチボックスで、フタを開けると、中におなじみの小バラマークが描かれています。けっこう汚れや傷はありますが、却ってアンティークらしさが出ているのでないでしょうか。