・発達障害児の気になる・困った行動の意味を理解し、子どもの達成感が高まる望ましい行動を強める支援方法および支援体制の構築について、応用行動分析学から実践研究しています。

平澤研究室