JR神戸線・塚本駅から徒歩3分、内科・小児科・皮膚科の医院です。
06-6302-5261
診療時間:9:00 - 13:00 17:00 - 20:00
休診日:木曜午後・土曜午後、日曜・祝日

ホーム診療内容>内視鏡検査について(※予約制)

内視鏡検査とは

内視鏡検査とは内視鏡検査とは、先端に高精度カメラがついた細いチューブを鼻または口から挿入し、食道・胃・十二指腸を観察する検査です。

胃潰瘍や胃炎を診断する際に必須の検査である内視鏡検査ですが、近年は胃がん検診でも主流になりつつあります。胃がん・食道がんの早期発見や逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ菌感染の診断が可能な検査であります。


経鼻内視鏡検査(胃カメラ)

経鼻内視鏡検査当院では細いカメラを鼻から挿入する経鼻内視鏡検査を行います。検査中でも会話できますし、苦痛・嘔吐反射が少なく楽な検査とされています。鼻腔が狭い場合は口から挿入することがあります。当院では最新の機器・自動洗浄器を採用しております。

内視鏡検査は副院長(渡辺昌樹、消化器内視鏡専門医)が担当します。

予約制ですのでお問い合わせ(06-6302-5261)ください。

内視鏡検査日について

  • 2018年11月~:日にちはご相談下さい。

※各日共に9:30-、10:30-、11:30-の3枠です。


受付から検査までの流れ

事前に診察を受けていただいて予約が必要です。

1. 診察にて問診後、検査説明用紙・同意書に必要事項を記入いただきます。抗血栓剤(血液をサラサラにするおくすり)を飲んでいる場合は、必ずお申し出ください。

2. 受付にて内視鏡検査(胃カメラ)を受ける日にちを決めていただきます。

3. 検査当日は、朝から絶食にして来院ください。少量の飲水は可能ですので、朝の内服薬は早めに飲んでください。

4. 診察にて問診後、内視鏡検査(胃カメラ)を受けていただきます。