WOOD'S 環境計画工房
ARCHTECT&OFFICE


MESSAGE


住宅設計にあたっての考えかた

 住宅を設計する時の基本的な考え方として、住宅は人間の生活を包込む器であると言うことが言えるとおもいます。生活を想像できない建物は住宅とは言えないのではないでしょうか。生活といっても人それぞれ、その家族それぞれのちがいがあるとおもいますので建築家の押し付けでなくその生活をおおらかに包み込んでくれる、心が安らぐような住宅を設計したいと常に思って取り組んでいます。又住宅はその町に住む人々が共有する住環境の一要素であるので、町並み、風景といった周辺環境に対して考慮し、長い将来にわたってその家族が自分達を取り巻く環境について根付いていけるような住宅を設計したいと思っております。
 材料については、木にこだわり、なるべくその地域の地場の木材を使用し、本物の材料を使うことで、安易に妥協せず低コストでも本物の住宅を作っていきたいと思います。日本には伝統的によいものがたくさんあると思いますので、それら伝統的に良いものを敬承しつつ現代の日本人の生活を考慮した新しい生活空間を提案していきたいと思います。
 住宅を作ると言う行為は、自分達がどう言う生活をし、どう生きていくのかを改めて自分に問いなおす機会だと思います。我々建築家はそれをサポートすることだと思います。

 


 
 
今思うこと 

 今の社会を見回してみると個人が組織の中に埋没し、美意識をもって行動することがないように思えます。個人が見えないということが様々な問題を起こしている様な気がしてなりません。これまでコスト至上主義の大量生産、大量消費、大量廃棄が促進される中で生産者(組織)の論理でモノ作りが行われて来ました。それは必ずしも生活者(個人)の意向が反映されたものではなかったように思います。循環型の社会にならなければ社会、環境が持続できなくなると思いますが、住宅などもその典型のような気がします。まさに意識改革が求められているのだと思います。 
 これからは個人が社会や環境に対して責任をもって考えていかなければならないのだと思いす。又それを反映させる努力をしなければならないと思います。私自身、それらを建築を通じて、考え、表現していきたいと思います。

   
 

  
            HP-7  OGURA  HAUSE   
 
 
HOME