「字が小さい」場合、ブラウザーの「表示」、「文字サイズ」を最大に
橋を架けるサイトトップページ子ども総合ネットワーク「橋を架ける」 実験的に発信しています
 子ども総合ネットワーク  の入り口    「橋を架ける」サイトから発信しています
 
 
.虐待論文へ
.....
..............
..............
..............
..............
 
Szonsi-section
ALT−Section
子ども総合ネットワーク(財)安田生命社会事業団

子ども総合ネットワーク研究会
A Study on the bulding up local counseling net work for child & adolescents
           
詳細は講演会情報をクリック
埼玉児童思春期精神保健懇話会 緊急のお知らせ
第13回埼玉児童思春期精神保健懇話会
開催ご案内 
2003年6月21日(土)10:00〜16:45

既に終了した
講演会の情報
「ひきこもりをめぐって 


Aboutへ   私たちのサイトについて
News   埼玉児童思春期懇話会開催情報
  全国版:精神保健関連講演会情報
Links   精神保健関連リンク <充実しています>
スライド   私たちの考える連携をスライドで説明
Contact   情報提供のお願い 
共同提案者
茨木俊夫、山下隆久、野中猛、野村泰朗
研究協力者

山内俊雄,奥山眞喜子
α版、β版委員:  茨木俊夫、山下隆久、野中 猛
埼玉大学教育学部教育実践指導センター 教授 茨木俊夫
埼玉大学教育学部教育実践指導センター 
埼玉県浦和市常盤6-9-44
実験的運用のため、機能及び公開者を限定しています
「子ども総合ネットワーク」を立ち上げる目的の第一は、埼玉県にある幼児・児童・思春期のネットワークを統合し多くの情報を共有する目的があります
第二には子どもたちに関わられている様々な職種の方々へ迅速な情報を送り、インターネットをつうじて問題解決の糸口をはかることにあります。
第三には今まで埼玉県で蓄積されてきた、児童思春期精神保健懇話会のノウハウを他の地方へ発信し、子ども達の精神保健に関与されている方達へお役に立ちたいと考えています。

Key wordはアナログからデジタル、そしてアナログへ

本ページで提供する情報を用いてもたらされた、結果についての責任は負いかねます。情報を利用する際には個人個人の自己責任で行ってください。

子ども総合ネットワーク構築に関する研究  安田生命社会事業団 001年特定地域研究の助成
Toshio Ibaraki, Takahisa Yamashita,Takeshi Nonaka,
Tairo Nomura,Toshio Yamauchi,Makiko Okuyama


mail to takahisa@ja2.so-net.ne.jp        
感染症情報
インフルエンザなど

 
最新情報
 
クールサイト発見
JSTSS・日本トラウマティック・ストレス学会
日本トラウマティック・ストレス学会
 
2001,2002,@web all rights reserved.(Takahisa Yamashita)