Top Page

T.Yamashita's works which were published in scientific journals 研究の一部

Test battery used the SDS(Self rating Depression Scale) by Zung and the MI(Mental Inventory) by T.Yamashita.
Only the studies from the 1990s are published on this page.

1990年代以後の研究の一部掲載
1) The consciousness factor which gives influence to depressive tendency of adolescents
2) Depressive tendency survey of adolescents
3) A follow-up survey of depressive tendency transformation








国際学会
1999
Yamashita

Belgium
Université catholique de Louvain

About the Szondi test response of the Japanese juvenile delinquents-From the test and re-tests results of 200 juvenile delinquents -abstract,抄録へ

研究業績1:
文部省科学研究費助成(文部省科研費)による研究 
1993
平成5年度
抑うつと不適応意識に関する疫学研究T.Yamashita Epidemiological study of the Relation between Depression and maladjustment Consciousness in Adolescents:Report of the Japanese Ministry of Education 1993,Tokyo
1995 平成7年度研究課題 思春期女子の痩身化願望と抑うつの関連性についての疫学調査
T.Yamashita
Epidemiological study about relevance of thin figure desire in female adolescents and depression
Report of the Japanese Ministry of Education 1995,Tokyo
As for these studies, T.Yamashita was the chief researcher funded by the Japanese Ministry of Education .
Coworkers;
Y.Ohno M.D(The chief of Haranomachi health center in Fukushima),K.Minagawa M.D, F.Yokoyama M.D,Assistant Professor(Department of Psychiatry and Neurology, Saitama medical college),A.Otani(Seibo )T.Oish(Saitamai-Iwatsuki hokuryo H.S), K.Sarai M.D,Professor(Department of Psychiatry and Neurology, Hiroshima Univ)
財団助成による研究
As for these T.Yamashita'sstudies,funded by Study foundations.        
1)財団法人 私学研修福祉会 在校研修員 A study by the Japanese private schools study foundation (1992)
研究課題:思春期危機とその心理特性
T.Yamashita Adolescent crisis and Psychological trait in adolescent(1992)
2)財団法人 私学研修福祉会 在校研修員
T.Yamashita A study by the Japanese private schools study foundation (1994)
研究課題:思春期抑うつ心性
Symptoms of depression in adolescents (1994)
3)財団法人 下中記念財団  
第30回下中科学研究助成金     優秀賞
研究課題;青年期抑うつ心性に関する研究
Research funded by the Shimonaka Memorial Foundation
T.Yamashita
Correlation of depression symptoms in SDS peculiar to adolescence
This study received 30 Excellent study prize from shimonaka foundation
The Shimonaka memory foundation report series 1992.Tokyo
4)財団法人下中記念財団 第32回下中科学研究助成金     優秀賞
研究課題;高校生の精神保健調査 −心身症形成過程に関する疫学研究− Research funded by the Shimonaka memory foundation
T.Yamashita
Mental health survey for Japanese high school students -Psychosomatic disease morphosis by Epidemiologigal study-
This study received 32nd Excellent study prize from the Shimonaka foundation The Shimonaka memory foundation report series 1994 Tokyo

学会雑誌掲載論文
(学会誌名、刊行巻数、号数、刊行年) 

【19911年】
入江 茂、
山下隆久、大野芳義、他:
過食の社会文化的考察
−絵画療法過程を通して−
社会精神医学 14-3,1991


大野芳義、
山下隆久 、大石智章、他:
UPIからみた高校生の精神衛生における心身の継時的変化について         
社会精神医学 14-4,1991

山下隆久、大野芳義、大谷明、他:
SDS、UPIからみた高校生の保健室利用についての精神保健  −主として抑うつ傾向に関して−
社会精神医学 14-4,1991


【1992年】
山下隆久
思春期抑うつ心性、雑誌私学研修第127/128,1992
Shigaku Kensy、127/128 1992
財団法人私学研修福祉会、

大石智章、大谷 明、
山下隆久 、他:
高校生の抑うつ傾向(第1報)      
−SDSの回答傾向に関する検討
児童青年精神医学とその近接領域 33-4,1992
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr33-4,1992

山下隆久入江 茂、、他:
高校生の抑うつ傾向(第2報)      
−学校生活アンケートとSDSとの関連
児童青年精神医学とその近接領域 33-4,1992
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr33-4,1992

大谷 明、山下隆久、入江 茂、他:
高校生の抑うつ傾向(第3報)      
−保健室利用、欠席日数などとの関連
児童青年精神医学とその近接領域 33-4,1992
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr 33-4,1992

大野芳義、山下隆久
うつ病評価尺度(SDS)から見た高校生の抑うつ傾向               
公衆衛生学誌 38-10,1992
Jpa.J.Public hygiene,38-10,1992      

【1993年】
山下隆久、大野芳義、大谷明、他:
過疎地域における高校生の抑うつ傾向   
日本社会精神医学雑誌1-1 1993
Jpn Bull Soc Psychiat 1-1,1993

山下隆久、入江 茂、大野芳義:
摂食障害を繰り返した女子の箱庭療法過程
児童青年精神医学とその近接領域34-4,1993
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr34-4,1993

大野芳義、山下隆久
高校生の抑うつ傾向(第4報)  
児童青年精神医学とその近接領域34-1.1993
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr34-1.1993

山下隆久、入江 茂、大谷 明、他:
高校生の抑うつ傾向(第5報)      
−学校不適応意識とSDSとの関連   
児童青年精神医学とその近接領域34-1,1993
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr34-1,1993

【1994年】
山下隆久、更井啓介、大石智章、他:
高校生の精神保健調査(1)   
−同一コーホートの抑うつ縦断調査から 
日本社会精神医学会雑誌  2-2,1994
Jpn Bull Soc Psychiat 2-2,1994

大谷 明、山下隆久、更井啓介、他:
高校生の精神保健調査(2)       
−学校生活意識との関連         
日本社会精神医学会雑誌  2-2,1994
Jpn Bull Soc Psychiat 2-2,1994

入江 茂、山下隆久大谷 明、他:
高校生の精神保健調査(3)       
−ダイエットとの関連  
日本社会精神医学会雑誌2-2,1994
Jpn Bull Soc Psychiat 2-2,1994

山下隆久、更井啓介、大谷 明、他:
高校生の抑うつ傾向(第6報)      
−学校に対する意識との関連       
児童青年精神医学とその近接領域35-4,1994
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr35-4,1993

大野芳義、山下隆久,大石智章、他:
高校生の精神保健調査(4)   
-92年度MIを中心に-
児童青年精神医学とその近接領域35-4,1994
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr35-4,1993

大石智章、山下隆久、大野芳義、他:
経年変化からみた高校生の精神保健(第1報)
−91・92年度のSDSを中心に 
児童青年精神医学とその近接領域35-4.1994
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr35-4,1994

【1995年】 山下隆久,定方昭夫:
二重盲検法による気功の人体科学的計測
-(6)投影法による中国人気功師の人格力動-
人体科学2-1,1995Double-Blind Tests of Qi Transmission from Qi-gong Masters to Untrained Volunteers


山下隆久、大石智章、横山富士男、他:
高校生の抑うつ傾向(第7報)    
−3か年経年変化から見た学校不適応意識 
児童青年精神医学とその近接領域 36-1 1995
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr36-1,1994

山下隆久、大谷 明、大野芳義、他:
高校生の精神保健調査(5)       
−抑うつと症状出現頻度を中心に
児童青年精神医学とその近接領域 36-2 1995
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr36-2,1995


【1996年】
大野芳義、山下隆久、横山富士男、他:
高校生の抑うつ傾向(第8報)
−過疎地高校に関して
児童青年精神医学とその近接領域 37-1 1996
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr37-1,996

山下隆久、横山富士男、徳永喜美、他:
摂食障害に関する研究(1)
−高校生の痩身化願望の年齢に伴う変化  
児童青年精神医学とその近接領域 37-1 1996
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr37-1,1996


皆川恵子、山下隆久、横山富士男、他:
摂食障害に関する研究(2)
-食に関する意識と抑うつに関して
児童青年精神医学とその近接領域 37-2 1996
Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr37-2,1996

Author (s), title in Japanese, title translated in English, journal, publication Vol-Nr,year

1991
S.IRie,T.Yamashita ,Y.Ono et al.
Social and Cultural background of overeating tendency
-From therapeutics process using art therapy-
Shakai seishin igaku 14-3,1991


Y.Ono,T.Yamashita,T.Oishi,et al
Survey of mental health change of high school students using the UPI
Shakai seishin igaku 14-4,1991

T.Yamashita,Y.Ono,A.Otani,et al
Mental health survey using the SDS and the UPI for students overusing the dispensary of a school 
-A study mainly on depressive tendency-
Shakai seishin igaku 14-4,1991

凡例 Explanatory notes Author (s), title in Japanese, title translated in English, journal, publication Vol-Nr,year

Jpn Bull Soc Psychiat

Japanese Bullentin of Social Psychiatry. 社会精神医学会雑誌

The society secretariat
Japanese National Institute Center of Psychiatry and Neurology, in Chiba

ISSN 0919-1372

Jpn.J.Child Adolesc.Psychiatr

Japanese Journal of Child and Adolescent Psychiatry
児童青年精神医学会雑誌

ISSN 0289-0968

Department of Psychiatry and Neurology, Kyoto University

Shigaku Kensy

The training achievement report in the Japanese private schools
雑誌私学研修

ISSN 0287-525X

Shakai seishin igaku

Japanese journal of Social Psychiatry 社会精神医学

ISSN 0387-2564

Seiwa publishing company Tokyo

Top page