よさこいにっぽん北海道

「よさこいにっぽん」とは、よさこいに携わる人々のコミュニケーションの深化とネットワーク作りを目的として2000年に立ち上がったプロジェクトです。

2001年には「よさこいにっぽん北海道」が立ち上がり、毎年、砂川市で「The祭」を開催しています。

近年、徐々に祭がイベント化していく中で、私たちはこの祭を真実を釣り上げるという祭りとしての原点に帰り、「真釣」(まつり)を行っています。

2006年は7月1日・2日、砂川市石狩川遊水地オアシスパーク特設会場で開催します。

私たちはよさこいを通じて、この北の大地から愛と感謝を発信していきます

すながわ夷(砂川市)

「夷」とは“未開の住人”という意味。誰も足を踏み入れないような地・事への開拓がコンセプトです!
夷スピリット、それは〜自らの心で踊る〜常に信念を曲げることなく自分達の進む道を、切り開き歩んでいきます。

祭好(旭川市)

「祭好」は最高ってことでどこからともなく集まって来た踊り好きのメンバーです。

祭一起(名寄市)

感動・信頼・そしてオープンハートをテーマに!良い世よ来いのよさこいを踊りぬきます。

自由心(幌延町)

私達はチーム名のように自由なよさこいを踊っています。
何物にも縛られるというわけでもなく、かといって奔放な訳でもない、喜びと愛を体と心のおくから深く感じながら踊っています。