二人目妊娠記

平成13年9月23日
 とうとう産まれました!ぎっくり腰がまだ完全に治らない16日の朝、陣痛
が始まり、午後に産まれました。検診で言われた通り男の子でした。2人目
はあっという間に産まれると聞きましたが、一人目と同じくらいかかり、
一人目よりきつかったですが、とりあえず無事に産まれほっとしています。
 今回は前回と同じ病院でしたが、3年の間にいろいろ変わっていました。
まず、前は出産の翌日から母子同室で夜中も授乳していたのでぼろぼろに疲れ
ましたが、今回は0時から6時までは子供を預かってくれたので比較的楽でした。
また、祝い膳や午後におやつなどが出ました。総合病院なのでこういうサービ
スは全く期待していなかったので、嬉しかったです。授乳時間は、前回の時は
子供が泣いたら授乳に行っていたので、夜中は周りに結構気を使いました。
今回は授乳時間が決まっていたので、夜遅くても部屋の人みんなで授乳に行く
ため、あまり気を使わなくてよく、ストレスがたまりませんでした。ただ、夜
中は3時まで乳汁してもらえないため、0時の授乳をしっかりやらないと、赤ちゃ
んがお腹をすかして泣くことになります。そのため赤ちゃんが寝ていてもたたき
起こして授乳するため、効率が悪いような気はしました。
 6日間の入院生活を終えて、母子共に元気に家に帰ってきました。家では
自分のペースでのんびりしています。これで二人目妊娠記は終了です。これから
のことは二人目育児日記で記していきたいと思います。
入院料:33万円 
初回からの合計:410270円
平成13年9月15日
 14日は上の子の参観日で、後半子供が抱っこモードになったときに、はり
きって抱いたせいか、夜にぎっくり腰になってしまいました。ぎくっときた
わけではなく、腰を中心にだるい感じがしたので布団の上で横になっていた
ところ、骨盤のあたりが痛くなって寝返りが打てなくなり、もちろん上体を
起こすことはできず、歩けないのでトイレにも行けなくなりました。朝方
少し体を動かせるようになり、はうようにしてトイレに行きましたが、その
後もなかなか痛みがひかず、横になっているかいすに座っているかのどちら
かです。未だにまともに歩けず、伝い歩きをしています。この状態で陣痛が
きたら大変です。早く治れ!
平成13年9月14日
 前回の検診から、陣痛を促すために一生懸命歩いているのですが、ちっとも
生まれる気配がないまま、また検診に行ってきました。赤ちゃんは大分下の方
に降りてきていて、少し子宮口も開いているようでしたが、あいかわらず、
がんばって歩いて下さいとしか言われなかったのでちょっとがっかりです。
上の子の時はよく分からなかったのですが、今回は赤ちゃんが下がってきて
いる感じもわかり、股関節のあたりが押されてみしみしいっているような感
じもありますし、少々出血したりしていて、いわゆるお印がはっきりわかり
ます。それだけに、生まれるのは今日か明日かとどきどきしているのですが、
何もおこらないまま時間だけがたっています。
今回の検診料:5060円 
初回からの合計:80270円
平成13年9月7日
 今週の検診で、目標の2500gをついに突破し、あとはいつ生まれてもい
い状態となり、一安心するとともに、あと少しという緊張感が出てきました。
陣痛が来るように歩くことを勧められたので、子供の保育園の送り迎えを
歩きでしています。子供が歩かないのでベビーカーに乗せて、登りの坂道を
上ったりするので結構ハードな運動です。往復で40分を2回です。効果がある
といいのですが。
 産休に入ってから部屋の整理をしたり、赤ちゃんがいつ産まれてもいい
ように準備したりしていてあっという間に1週間が過ぎようとしています。
思ったほど何も出来ませんでしたが、仕事にかまけてぐちゃぐちゃだった
部屋が少しずつ片づいてきました。
今回の検診料:6670円(モニターをつけたり、貧血の薬のため) 
初回からの合計:75210円
平成13年9月1日
 なんとか予定通り仕事を終わらせ、やっと産休に入ることになりました。
8月に入ってからやることはたくさんあるし、いつ入院するかという不安が
あり、どきどきしていましたが、なんとか3週間前まで仕事ができ、ほっと
しています。特に水曜日あたりは、仕事が終わらないのではないかとぴりぴ
りしていたのと、仕事帰りに子供を迎えに行ったりすると、お腹が張って、
かなりきつかったので、家事一切を放棄し、夕飯も残り物を食べたり、ほか
弁ですませたりしていましたが、金曜日はこれからはゆっくり休めるという
気持ちで、晴れ晴れしていました。月曜からはのんびり部屋を片づけたり、
家事を再開する予定です。
 今週の検診では、赤ちゃんは小さめながら成長を続けていると言うことで
安心しました。予定日までいよいよ3週間をきり、やっと赤ちゃんのことを
考える余裕が出てきました。
今回の検診料:7760円(血液検査があったため) 
初回からの合計:68540円
平成13年8月26日
 昨日、赤ちゃん用の布団を買いました。上の子が使っていたものは、保
育園でのお昼寝用として使っているためです。これからほ乳瓶などの小物
や消耗品を買いそろえる予定ですが、いよいよ誕生が近づいたという感じ
でわくわくしてます。
 赤ちゃんが小さいと言われながらも、お腹は着実に大きくなり、これま
で無理矢理着ていたLサイズのスカートもきつくなってきました。そこで
試してみたのが夫の短パン。これが意外とちょうどよくて、苦しくなく、
涼しくて気に入りました。夫は風船のようなお腹をしている私が、自分の
短パンを着ているのを見て、ショックを受けていました。自分の腰回りが
それだけ太いということですから。
平成13年8月25日
 また検診に行ってきました。正常な位置にいて、心音もきちんと聞こえ
激しく動き回っているので安心しました。気になる性別は90%男の子と判
断され、始めに言われた女の子というのは間違いだったようです。子供の
立場では、同姓の兄弟の方がいいとも言われているので、これはこれでよ
かったのかもしれません。今回再び言われたのは、赤ちゃんがちょっと小
さめだということです。予定日まであと1ヶ月となり、このまま生まれられ
ては困る、ということで横になる時間を増やすか、お腹の張り止め薬を飲み、
血液を赤ちゃんにたくさん供給するように言われました。来週いっぱい仕事
の予定があり、横になっている時間を増やすのは難しいので、逆子対策の
時にもらって、飲まないでいた薬を飲むことにしました。なんとか、出産
までに十分な大きさになってくれるといいのですが。
今回の検診料:4500円 
初回からの合計:60780円
平成13年8月11日
 この間の検診では逆子は戻っていました。やれやれです。性別はよくわか
らず保留状態です。34週に入り、赤ちゃんも大きくなってきて動きも激しく
座って仕事をしていても結構苦しくなってきました。論文書きをしながら
ふとお腹に目をやると、もこもこ動いているのが分かります。土日にちょっ
と買い物に出かけただけで、疲れてしまってごろごろ寝ている状態です。
来週から産休に入れるのですが、もう少しがんばって今月中は仕事に行く
予定です。8月の最終週にはヒアリングが2つもある・・。
今回の検診料:4500円 
初回からの合計:56280円
平成13年8月5日
 いよいよ予定日が来月に近づき、子供の預け先について考え始めました。
今上の子が通っている保育園では7ヶ月から預かってくれることになってい
ます。予定通り9月に生まれればちょうど年度の替わる4月に7ヶ月となり、
数ヶ月二重保育をがんばれば楽になれると考えていました。しかし、同じ
保育園に通う友人が、7ヶ月くらいの赤ちゃんの受け入れには看護婦さんを
雇う必要があり、一人の赤ちゃんのために看護婦さんを雇うのは経費的に
難しいと言われてしまったそうで、7ヶ月になったからといって預かって
もらえるのか不安な状況になってきました。産休明けの復帰もどうなること
やら不安です。政府は保育園の充実などの製作をあげていますが、新生児
の保育にはお金がかかります。前に一人あたり1ヶ月30万かかると聞きま
した。実際の所行政にどれだけできるか怪しいものです。子育てなどほとん
どしない男性がどれだけ真剣に保育の問題に取り組めるのか疑問です。それ
に私には政府が動き始めるのをのんびり待っている時間はないので、とりあ
えず自助努力をするしかないでしょう。
 先週から逆子体操をしていると、上の子がまとわりついてきて、ちゃんと
体操にならないのでこんなことで逆子が治るのか心配です。
平成13年7月28日
 今回の検診でも、逆子は治っていませんでした。いよいよ逆子体操です。
次の検診で治っていなかったら、帝王切開も考えるとのことで、ちょっと
緊張です。いろいろな人の話を聞くと、臨月直前で元に戻ることもあるそ
うですが、とりあえず、2週間後までに、逆子の場合、帝王切開にするか
普通分娩を選んで他の病院に替えるか(今の病院では逆子の普通分娩は
リスクがあるので帝王切開になるそうです)選択しなければなりません。
なんとか正常の位置に戻すために逆子体操をがんばろうと思います。
 今回も性別を聞いてみましたが、よく見えず、性別不明と言うことでした。
今回の検診料:4500円+薬代1510円 
初回からの合計:51780円
平成13年7月12日
 今日の検診で、再び性別を確認したところ、なんと男の子と言われました。
この間はわからなかったけれど、足の間に袋のような物が・・。ここ2週間
ほど、男の子と女の子を育てるモードになっていたので、切り替えないと。
結局の所生まれてくるまではっきりは分からないのかもしれませんが、
本当はどっちなんでしょう。
 前回血液検査をした結果、軽い貧血と診断されました。耳鳴りもそのせい
らしいです。上の子の時にも耳鳴りがあり先生に聞きましたが、そのときは
理由は分からないと言われたので妊娠との相関関係はないのかと思いましたが
貧血気味だとこういう症状が出るらしいのです。通りで上の子の時、耳鼻科
に行っても何も分からなかったわけです。そういうわけで鉄分補給の薬を飲む
ことになりました。
 また今回の検査で逆子であることがわかりました。この間までは頭が下だっ
たのですが・・。しばらくは自然に回転するように頭が回る方向を下にして
横になる必要があるそうです。仕事もありなかなか出来ませんが、昼休みに
はどこかのソファーで横になっていようかと思います。
今回の検診料:4500円+薬代310円 
初回からの合計:45770円
平成13年7月7日
 仕事着として着ているマタニティパンツはオーバーオールではないので
快適ではありますが、冷房をつけない自宅に帰ってくると足下が暑苦しく
マタニティ用の半ズボンが欲しいと思いました。が、残念なことにお気に
入りのエンジェリーベは生産が追いつかずに、品切れと言うことで購入で
きませんでした。休日に着ている普通のマタニティ用ジャンバースカート
も暑く、着る気分になれずにいましたが、ふと見ると、前の出産の時に
出産後のまだお腹が締まらないときに着ようと思って買ったLサイズのフレ
アスカートを発見。早速はいてみました。ウエストの上までスカートを引っ
張りあげると結構着れます。上半身はTシャツ1枚となり、なかなか快適で
す。もっとお腹が大きくなったらこれも着られなくなるかもしれませんが、
しばらくはこれで過ごそうと思います。
平成13年6月30日
 検診行ってきました。気になる性別、今回も聞いたところ、なんと、
女の子らしいことがわかりました!周りからはお腹が出ているから男の子
だろう、などと言われていて、男の子2人も、本人達は一緒に遊べるから
まあいいか、服やおもちゃも新しく買うこともないし、と思っていたので
ちょっと意外ででも嬉しかったです。女の子も育ててみたいという希望が
かなうかもしれません。間違えている可能性もあるのでまだわかりませんが。
女の子だったら部屋を片づけないと、服やおもちゃを置けないなー。
今回の検診料:血液検査(市の無料券を使って)6930円 
初回からの合計:40960円
平成13年6月16日
 検診行ってきました。今回から2週間に1度になりました。元気に動き回
っていました。普段でも毎日動き回っているのを感じ、前はお腹の中で、
もにょもにょ動いている感じでしたが、最近はぼん、と蹴られるような感じ
に変わってきました。検診でも頭が下に移動しているのがわかりました。
二人目なので性別も気になり、聞いてみましたが、今回はへその緒が邪魔し
てよくわかりませんでした。
今回の検診料:4500円 初回からの合計:34030円
 前回書いた耳鳴りですが、この間耳鳴りがひどいときに、医務室に行って
血圧を測ってみました。すると血圧そのものは正常でしたが、なんと脈拍が
普通の人の2倍くらい高いのです。本を見ると、妊娠中は心臓が圧迫され、
血液の流れが悪くなる上に、血液量が増えるらしいので、心臓が一生懸命に
血液を送り出す結果、脈拍が増えるのでしょう。確かに、心臓が異様にどき
どきしています。横になると、耳鳴りがやむのは、心臓が楽になるからで
しょう。妊婦は出来るだけ休んだ方がいいというのは、心臓に負担をかけな
いためでもあるのかもしれません。
平成13年6月3日
 検診行ってきました。今回もちょっと小さかったけれど、元気に動き回
っていて、心音も激しくて、とにかく元気そうだったので安心しました。
いよいよ次回からは2週間ごとの検診となり、出産の時が近づいてきた感じ
がします。
今回の検診料:4500円 初回からの合計:29530円
 上の子の時もそうだったのですが、妊娠中によく耳鳴りがしていました。
今回もまた耳鳴りがしていて、人の話がよく聞こえなくて大変だし、なんだ
か心臓の鼓動もいつもより激しいような気がします。この間ふと気づいたの
ですが、血圧が上がっているのではないでしょうか。先週、ちょっと忙しく
て、両耳が耳鳴りをしていたときがあったのですが、夜、横になると、すう
っとよくなり、疲れたときに血圧が上がり、その結果耳鳴りがしているのでは
と思いました。病院でも、座りっぱなしだったりすると、血液が赤ちゃんに
うまく流れないので、たまには横になった方がいいと言われました。自分で
も意識していなくても疲れていることもあるし、妊婦はごろごろしていた方
がいいのかもしれません。とはいっても平日は仕事もあるし、家でも子供の
世話と家事があり、なかなか横にはなれません。というわけで、土日はごろ
ごろして、何もしない私です。
平成13年5月26日
 5/4にマタニティウエアの
エンジェリーナの服が
届きました。早速はいてみると、はきやすく動きやすく、シャツをパンツ
の上に出せば、シルエットもきれいです。普通のマタニティのパンツのよ
うに肩からかけるタイプ(なにズボンというのでしたっけ。ジャンバース
カートのズボン版)ではないので、夏も涼しく過ごせそうです。昨日ジャ
ンバースカートをはいて仕事に行ったら、上半身が暑くてたまりませんで
した。エンジェリーナのパンツは仕事にはとてもむいているようです。
夏をどう過ごすかちょっと心配だったのですが、快適に過ごせそうです。
家にいるときは友人から借りたマタニティの薄手のスカートで気楽に過ご
そうと思います。
平成13年5月12日
 5/4にマタニティお役立ち情報のところで、
マタニティウエアの
エンジェリーナについて、書きました。
カタログが届いたので見てみましたが、確かにデザイン
がよく、仕事着としてきても良さそうなものがたくさんありました。さっそく
  パンツを2着注文しました。前の時は何も知らなくて、借りたものだけでサ
イズも今ひとつ合わないものを着ていましたが、妊娠期間は短いけれども、
その間も動きやすくて快適かつかっこいい服で過ごしたいと思いました。
平成13年5月4日
 シートベルトの補助具が思いの外早く届き、早速試してみました。使用感
は、マタニティお役立ち情報に。
 先日検診に行ってきました。ちゃんと大きく成長していて、心配していた
大きさも1週間程度の誤差になっていて一安心。胎盤もきれいにできている
とのことでした。心臓音もきれいに聞こえ、超音波の画像では、画面に全身
が入りきらないくらい大きくなっていました。頭の直径が42mm程度なので
お尻まで12cm、手のひらに乗るくらいのサイズです。背骨がくっきり見え、
頭の形が上の子にそっくりに見えました。(赤ちゃんなんてみんな同じよう
に見えるのかもしれませんが)とにかく、安心、の一言です。
今回の検診料:4500円 初回からの合計:25030円
平成13年4月28日
 いつも実験などをすることから、動きやすいということでジーンズ派なの
ですが、だんだんお腹が大きくなってきて、普通のズボンをはいていると格
好が悪くなってきました。ただ、いきなりマタニティというほどお腹が大き
いわけでもないので、もう少し普通の服と思い、ジャンバースカートをはい
てみました。見た目はあまり妊婦ぽくないな、と思っていたのですが、職場
に行ってみると、日頃スカートをはかない私がスカートだったからか、妊婦
らしくなったね、とかだんだん大きく成長してきたね、と言われ、かえって
お腹が目立ってしまったようです。上の子の時は、5ヶ月目に入ったときが
1月だったのでLLサイズのソフトパンツの上にセーターをかぶせてなんとな
くごまかしていて、マタニティを来たのは8ヶ月目に入ってから(ちょうど
4月ころ)でした。今回は暖かくなってきて上着を脱いであるく季節なので
パンツスタイルでお腹だけ出ているのがなんとなく格好悪く感じてしまった
のです。仕事をしているから、妊婦といってもそれなりに格好いいスタイル
で通勤したいと思い、まあ、当面は堂々とお腹を目立たせてジャンバースカ
ートで行こうかと思います。それが入らなくなったらマタニティかな。
 上の子を妊娠中、シートベルトをしていると苦しかったけれど、事故にあ
った時のことを考えて赤ちゃんを圧迫しているベルトを手で下げながら運転
していました。最近、妊婦用のシートベルト補助具があるというのを知り、
早速購入することにしました。赤ちゃんを圧迫しないようにベルトの下を下
げる補助具で、これを装着すると事故があっても赤ちゃんが死ななくて済む
らしいです。届くのは連休明けでしょうが、使用感など、また報告します。
平成13年4月14日
 検診に行ってきました。今回は心臓の音もはっきり聞こえ、頭の直径も3cm
になっていて成長していました。ただ、予定週が16週なのに対して大きさが
14週くらいしかないということで、3週間後にまた検診にいくことになりま
した。毎回、小さい小さいと言われるのでちょっと心配です。何事もなく、
成長してくれればいいのですが。幸い私の体調は良くなってきて、あと1ヶ月
もすれば胎動が感じられるかと楽しみです。
今回の検診料:-1300円 (市の無料券を使い、前回多めに払った分が払い戻
された)初回からの合計:20530円
平成13年4月7日
 お腹の中に赤ちゃんがいる実感はないので、ちゃんと成長しているのか不
安になることもありますが、トラブルがないということは順調なのでしょう。
4月になり、上の子のクラスが替わったせいもあるのでしょうが、以前にも
まして甘えん坊になってきました。保育園の行き帰り、家から駐車場までは
もちろん抱っこですし、部屋から玄関までも、また朝ご飯は私の膝の上でな
いと食べない、食べ終わるとすぐ抱っこモードになり、私が準備したり、
朝食の後かたづけをしていると、抱っこを求めて泣き続ける、という感じで
す。クラスが一つあがったことで、もう赤ちゃんじゃないよとか、お兄ちゃ
んでしょ、抱っこは変だよ、などと先生や親から言われること、赤ちゃんが
母親のお腹にいること、などでお兄ちゃんになると抱っこしてもらえないの
ではないかと、恐れているのでしょう。抱っこを求められたときは、できる
だけ対応して、夜寝る前もべたべたしています。そのうちだんだん、赤ちゃ
んを受け入れて、親離れしていくようになるのでしょう。それまで、甘えた
い気持ちを受け入れていこうと思う今日この頃です。同じクラスの仲良しの
友達は、クラスがあがってすっかりお兄ちゃん気分で、抱っこもあまりせが
まなくなったそうですが、これも個人差、でしょう。
平成13年3月18日
 昨日書き忘れたのですが、やっと予定日が決まりました。相変わらず予定
週数より小さいのですが、1週間くらいの誤差となり、結局最終生理日から
計算して9/23となりました。今は12週です。はっきり予定が決まるとまた、
嬉しいものです。今の先生は20代くらいの女性の先生で、いろいろ説明して
くれるのでとても嬉しいです。超音波の映像も体内に機械を入れないと見え
ないですが、「カーテンから頭を出して、赤ちゃんを一緒に見ましょう」と
言ってくれ、ここが頭でここが胴体、などと説明してくれます。操作をして
いるのも見え、頭の直径が17mm, おしりから頭までの大きさが50mmであ
ることもわかりました。毎回、一番赤ちゃんらしい像が出たところで印刷し
て、1枚写真をくれます。上の子の時は30代くらいの男性で、初期の頃は超
音波の映像は見せてくれなかったし、いろいろと質問してもどうもマニュア
ル通りの診察しかしていないようで誠意ある返事は返ってきませんでした。
この先生は腕はいいそうなのですが、何となく最後まで信頼できませんでし
た。今回の先生は、信頼できそうです。診察の仕方というのは、男女差とい
うより、個人差だとは思うのですが、女性だと安心感もあります。今、助産
士に男性もなれるような動きがあります。頭では男性だって構わないと思う
のですが、もし選べるなら女性を選ぶだろうと思います。
平成13年3月17日
 再び検診に行ってきました。先週風邪で熱を出して寝込み、ろくに食べら
れなかったのと、今週になっても咳がひどくて体に負担をかけていたので、
赤ちゃんがどうなっているか心配でした。特に腹痛や出血もないのですが、
だからといって、お腹に赤ちゃんがいるという気配もなく、(つわりはあり
ますが)ひょっとして死んじゃっているのでは、とも思いました。でも、超
音波で見ると頭と胴体がはっきり分かり、足を動かしている様子や心臓がぴ
くぴく動いているのも見え、りっぱに成長していることが分かり安心しまし
た。一安心です。つわりは上の子の時と同様に、お腹がすいたり、食べ過ぎ
たりすると気持ちが悪くなる程度の軽いものなのですが、前より少しきつい
感じです。気持ち悪くて何も食べられなかったり、家事をやる気が全くしな
かったりです。仕事も三速で動いている感じで、エンジンが全然かかりませ
ん。やはり、一人目の時は自分の体だけを気遣い、マイペースで仕事も家事
もできましたが、今は子供がいるので、どうしても子供にふりまわされて、
ゆっくりできないのが一つの原因かもしれません。まだ仕事をしているから
気も紛れますが、自分が食べたくないのに食事を作るのはしんどいです。家
で、育児をしながら二人目、三人目を出産する人たちはもっと大変なんだろ
うな、と思います。多少気分が悪くても保育園の帰りは、子供はびっちり抱
っこを要求してきますし、帰宅するとエネルギー切れで何もする気がおきま
せん。昨日はかなり気分が悪く、夕飯も買ってきたお総菜で、子供をお風呂
にも入れず私は寝てしまいました。子供もちょっぴりかわいそうです。ただ、
私に赤ちゃんがいるということは、認識しているらしく、お腹に「赤ちゃん!
」と話しかけてきたり、テレビに赤ちゃんが出てくると大喜びしています。
でも、抱いているときに、「ままね、ぽんぽんに赤ちゃんがいるの。抱っこ
はつらいな」というと「○○もぽんぽんに赤ちゃんいる!」と主張し、私の
中にいる赤ちゃんのことは無視します。私は私の母から、妹が母のお腹にい
るとき、私をおんぶしようとした母に、「赤ちゃんかわいそう」といってお
んぶを我慢して歩いた、というような美談を聞かされているので、つい、子
供にも期待をしてしまうのですが、なかなかこちらの都合のいいようにはい
かないようです。
今回の検診料:3000円 初回からの合計:21830円

平成13年2月24日
 再び検診に行ってきました。予定週より小さいので2週間あけての検診
です。超音波で見ると、前は丸い細胞のようなものが見えただけでしたが、
今回は頭と胴体のようなものが見え、少し人間に近い形になっていました。
それでも予定では第9週だそうですが、赤ちゃんの大きさが第7週程度だと
いうことで、まだ週数が決定できず、従って予定日も未定です。でも確実
に成長が感じられて嬉しかったです。妊娠がわかってすぐは子供がインフ
ルエンザにかかり、その看病で疲れたのか、なんとなく気持ちが悪かった
りしていたのですが、今週は結構調子よく過ごすことができました。ただ、
今回の検診では血液検査などをしたので15000円も取られ、財布の中が
すっからかんになったのにはがっくりきました。
今回の検診料:15330円 初回からの合計:18830円
 上の子を産休明けから預けていた保育園がつぶれてしまい、産休明けで
預ける場所がないので不安に思っていましたが、託児室つきの産婦人科が
比較的近くにあることを知り、そこで新生児を預かってもくれるというこ
とがわかり、少し安心しました。病院なのでちょっと熱が出たときなどは
見てくれるそうです。通勤にもちょっと寄り道する程度なのでなかなか良
さそうです。ただ、車で15分くらいかかるのと通勤時は混む道でトラック
などもがんがん通る道なので、新生児を乗せるのはちょっとかわいそうな
気がするのが難点です。いずれにせよ、可能性があることがわかったのは
収穫でした。

平成13年2月11日
 上の子が1才を過ぎる頃から二人目のことを考え始めました。兄弟がいた
方が楽しいかなということもありましたが、上の子が赤ちゃんの時は世話に
追われてあまり実感できなかったのですが、1才を過ぎるようになってから
本当にかわいく感じるようになり、もう一人こんなかわいい子供がいても
いいかもしれないと感じたのです。それから、どういうタイミングで妊娠
するか考え、本当は今年度のつもりでいたのですが、思いがけず国際会議
にinviteされたりして、海外出張することになり、延期しました。目標を
来年度に変更し、来年度の国際会議は所内でやるもののみ参加し、他はな
んだかんだと理由をつけて出しませんでした。11月下旬に国際会議が終了
し、子供を作ろうと思ったのですが、そんなにうまくいくかどうか不安で
した。でも1月終わり頃からうまくいったかもしれない、と感じ、先週病院
に行きました。予想週にしては小さいと言われたのでちょっと不安ですが、
とりあえず、超音波で見た映像では小さな胎芽がぴくぴく動いていて、本当
に生命が根付いているのだと感動しました。その瞬間、これからの長くしん
どいであろう妊娠生活も、その後に訪れるもっと大変な新生児の世話も忘れ
て、とても幸せな気分になりました。上の子の時は仕事と自分のことだけを
考えていればよかったですが、今は子供もいるのでより大変かもしれません。
仕事と子育てと妊娠と3つをどうしていくか、をこれからぼちぼち記録して
行きたいと思います。またこれを機に、このHPを立ち上げたときにはすでに
記憶が薄れていた妊娠中のことなどをUpできればと思います。
今回の検診料:3500円