ガラス瓶式ハーブ蒸留器の作り方


透明でコンパクトな作りにリニューアルしました。
動画も載せました、精油採りにも挑戦しています。

【概要】


ガラス瓶を冷却器として使う蒸留器の作り方です。

簡素ですが機能は本物です。

ラベンダーからは精油も採れました。
左側(ビン側)が冷却部、右側(鍋側)が蒸留部となります。

冷却部(ビン側)は、水に沈めて使います。今回は水の入れ物として、梅酒用つけ瓶を使いました。
【内容】
 姉妹サイトハーブ蒸留日記にてガラス瓶を使った蒸留結果もレポートしている
のですが、作り方自体は公開していませんでした。結構な工作を要した為です。
ところが最近になって、完璧を目指さなければ、アルミテープの貼り合わせだけ
で作れる事に気づき、遅ればせながら作り方を公開する事になりました。

 ガラス瓶を用いた蒸留器の特徴は、装置全体に透明感、清潔感がある事です。
また、蒸気が水に変わる現象を直視できる点です。幻想的な美しさを感じる場合
さえあります。

 工作としてはアルミテープで張り合わせるだけですので、是非とも自作に挑戦
して頂きたいと思います。
【性能】
 採れる芳香蒸留水(ハーブウォーター)の量は、ガラス瓶の容量の半分以下と
お考え下さい。今回使ったガラス瓶の容量は180ccでしたので、最大で90
cc
となります。

 蒸留時間に関しては、冷却水の水温に影響されます。冬の一番寒い時期に、生
のローズマリーを材料にして、完成試験を行いました。その結果、20分で80
cc程の芳香蒸留水が採れました。これが最大性能と思われます。

 氷で冷やす方法も考えられますが、以下の理由でお勧めできません。
    理由1;冷却部が曇ってしまって、蒸留の様子が見えない。
    理由2;ガラス瓶が割れる心配がある。
【長所と短所】
 長所は何と言っても、装置に透明感がある点でしょう。
水蒸気が液化する瞬間は幻想的とも言えます。

 短所は、多少の場所を必要とする点です。冷却水を使いますので。
【ご注意】
@.火傷(やけど)にご注意
   100℃に達する水蒸気を扱いますので、常にやけどには気をつけて下さい。
A.事前のお断り
   本ホームページを見られて実行されたいかなる結果につきましても
   当方は責任を負いませんのでご了承下さい。

【蒸留器の作り方】
 1.工具類
工具類としては耐熱性のアルミテープのみです

以下の3つの作業に使います。
 ・鍋ふたの小穴塞ぎ
 ・シュークリーム用口金の取り付け
 ・ガラス瓶への重石(排水用皿)の取り付け

カー用品店、またはホームセンターのカー用品売り場に置いてあると思います。

価格は多少高くて800円前後。しかし便利です。

 アルミテープによる工作は永久固定ではありません。
蒸留を繰り返せば緩むでしょうが、その時は貼り直しましょう。

これがテープによる工作の利点です。
また、完璧を求めない作り方の発想でもあります。
 2.冷却部の作り方
==> 
部品は左より、
@.ワインのミニボトル(180cc)
   ワインボトルの形状は様々ですが、肩が張っている方が冷却に向いていると思われます。

A.排水用皿
   ホームセンターの水道用品売り場にあります。直径90mmで、価格は650円くらい。

   ガラス瓶(ワインボトル)を沈める為の「重石」として使います。
   一枚では沈まなかったので、今回は二枚使いました。

   サイズ(直径)は梅酒用つけ瓶の口径以下にして下さい。
   それでないと、梅酒用つけ瓶に入りませんので。

B.アルミテープ
   工具類のところで述べたアルミテープの切片。
   長さは20cm程、一枚は排水皿の取り付け、残りの2枚は、
   ガラス瓶(ワインボトル)への巻き付けに使います。

   排水用皿の取り付けですが、排水用皿の穴にテープを通すと取り付けやすいでしょう。
   (上記写真の真ん中)

   ガラス瓶(ワインボトル)への巻き付けですが、先の作業(排水用皿の取り付け)で
   貼ったアルミテープを上から押さえる形で巻き付けます。
   底に一巻き、中程に一巻きが良いでしょう。
   (上記写真の右側)

C.梅酒用つけ瓶
   写真は8リットル用、ホームセンターで700円位でした。

   冷却水の入れ物として使います。
   梅酒用つけ瓶の製造メーカーは数社ありますが、中の見え具合が微妙に異なります。
   できるだけ中が見やすい商品をお選び下さい。
   水槽でも結構ですが、取っ手がある点で、梅酒用つけ瓶の方が扱い易いと思います。
 3.蒸留部の作り方
==>
部品は、
@.鍋(左奥)
   写真はアルミ製の18センチ。ホームセンターで500円位でした。
   かさばるハーブを蒸留する場合は、もう少し大きい方が良いでしょう。
   蒸し板、鍋蓋は鍋のサイズに合わせて下さい。

A.蒸し板(左手前)
   18センチ用ですが、百円ショップにありました。
   大きいサイズなら、ホームセンターで探すのが確実です。

B.鍋蓋(右奥)
   18センチ用ですが、同じく百円ショップにありました。中身が見易いガラス製です。
   大きいサイズなら、ホームセンターで探すのが確実です。

C.シュークリーム用の口金(右中央)
   鍋ふたに取り付けて、蒸気の取出し口とします。
    測定した訳ではありませんが、口金の内側(蒸気の通路側)に段差が無い、
   或いは段差が少ないほうが蒸気の通りが良い様です。
   推奨メーカー;田中糧機製作所。

D.工具類で述べたアルミテープの切片。(右手前)
    細長い3枚が、シュークリーム用口金の取り付け用。
   口金を裏側から差し込んだ後にアルミテープで固定します。

   蒸留回数を重ねると緩むと思いますが、その時は貼り直して下さい。

    四角い一枚が、鍋ふたの小穴塞ぎ用。裏側から貼るのが宜しいと思います。
   こちらは緩む事はないでしょう。
 4.チューブの調達
ここでは加工は発生しません。部材の調達のみです。

 調達する部材は、シリコンチューブ。100度の水蒸気が通りますので、熱に耐えられるシリコンチューブである事が必須です。
 外径10o、内径8oのものを購入して下さい。
1mで500円位、使う長さは50cm程です。

 単に蒸留操作を楽しむだけであれば一本で済ませられますが、様々なハーブの真の香りを抽出するのであれば、ハーブ毎にチューブを準備する事をお勧めします。
(2〜3メートルの纏め買いをお勧めします)

【完成試験レポート】
 1.蒸留手順
【水入れ】
空焚きを防ぐ為に蒸し板の直下まで水を入れます。

【蒸し板入れ】
蒸し板をお忘れなく。

【ハーブの準備】
 写真はローズマリー(フレッシュハーブ)50グラム。
ドライハーブでも問題ありません。
蒸気が通り易い程度に入れるのがコツ。

【冷却水】
冷却水はガラス瓶(ワインボトル)が首まで浸かる分量をご用意下さい。

【組み上げ】

最後に組み上げます。シリコンチューブはガラス瓶(ワインボトル)の肩あたりまで差し込んで下さい。

【蒸留風景(動画)】
youTubeへ投稿しました。こちらをご覧下さい


【蒸留中のノウハウ】
  ノウハウ1;チューブの水滴落し
    シリコンチューブの内側に水滴が出来てしまう場合があります。
   この様な場合、ボールペンなどで軽く5,6回、コンコンとチューブをたたくと、
   水滴が落ちて、水蒸気の通りが良くなります。

  ノウハウ2;蒸気漏れの黙認
    蒸留中の水蒸気漏れを完全に無くす事は出来ません。多少の蒸気漏れは黙認し、
   むしろ、蒸留者しか味わえない特権として、香りを楽しんで下さい。

【蒸留の終了判定】
  ガラス瓶(ワインボトル)に4割くらいの芳香蒸留水が溜まったら終了として下さい。
 2.蒸留結果
20分で80cc程のの芳香蒸留水が採れました。
個人で使用するには十分な量でしょう。

【精油採りに挑戦】
【挑戦記】
【ラベンダーにて挑戦】
ラベンダーは精油含有量が特別に多いので、ラベンダーの精油採りに挑戦しました。

(正確に申しますと、別の蒸留器で様々なハーブを蒸留し、ラベンダーからは多く
の精油が採れる事を知っていたからです。詳細は姉妹サイトハーブ蒸留日記を参照)

1.材料;ドライのラベンダー100g。


2.結果;上部に数ミリの精油の層が見えます。(濁った部分、時間が経過すると澄んできます)


3.計測;メスシリンダーに移した状態。
      (3時間後にメスシリンダーがある事に気づき計測、精油が澄んできました)
     精油の量は約5ccです。
==>拡大 

4.評価;精油が採れたと言う事で、蒸留器が本物である事が証明されたと思います。

5.補足;他のハーブからの抽出は難しいと思います。
    以下はローズマリー(ドライ)100gを蒸留した結果です。
    精油の幕が確認できる程度でした。



コンテンツ作成者の紹介

コンテンツ更新日 2013.10.19


PR領域
WEB版_時差アナログ時計

ローンと個人年金のシミュレーション

世界の気温と雨季のグラフ

javaアプレットからhtml5への移行メモ

埼玉県熊谷市あい司法書士事務所