男塾・大豪院邪鬼 を斬る!!

 

さて、今回は初登場時はモビルスーツだった男塾の帝王・大豪院邪鬼のお話。

江田島平八曰く、「男塾の帝王として君臨して十余年・・・」

何回留年してんでしょうか。

 

で、彼は初登場のときは身長推定17mあったはずなんですよ。

足のサイズは約180cm(富樫の身長くらいあったので)。

彼が飲んでるグラスは風呂桶くらいあります。たぶん一杯80リットルくらいあるでしょう。

ミサイルみたいな酒ビンをゴツイ男達が7〜8人で運んでたし。どこに売ってたんでしょう。

ところが大威震八連制覇では身長が実に15mは減少。約2m程度になってます。

もう外見の設定からしてムチャクチャです。で、ラスボス的な存在である彼は当然めったに

闘いません。大威震八連制覇で桃と闘い、そのあと闘ったのは確か2回だけです。

で、最後にこの作品では数少ないホントに死亡するキャラとなっています。

 

さて、彼の必殺技は波動拳もとい真空殲風衝。これ以外はこの作品にありがちな

1回限定技です。大豪院流驚天回衝杭(パイルドライバー)とかね。

 

そしてオレの中で彼の最もスゴイ技はというと。

「ぜうす」(当て字がウザいのでひらがな)との勝負で見せた折り鶴乱舞・・・はどうでもよくて。

最後の決めで邪鬼の手刀は「ぜうす」の左胸部から心臓を突き破り、背骨を砕き脊髄をえぐって

中枢神経を粉砕し背中から手首が見えるまで貫通していたにもかかわらず、

邪鬼 「急所は外してある。出血は中略命だけは助かるだろう。」

 

絶対即死です。

 

戻る